FC2ブログ

MGかーさんの育児は育自・・・。




三十数年ぶり・・・。 :: 2019/10/09(Wed)

プチご無沙汰になってしまいました。
実は・・・。

なんと・・・。

私が小学生~中学生の数年間。
毎年 家族旅行に連れていってもらってました。
高知県の足摺岬に 旅行に行ってきました。

何故の旅行かと申しますと・・・。

実家の父と義父は 同じ年に生まれまして・・・。
今年の2月に義父が亡くなる直前まで 病室にいてくれた実家の父。
同じ年という事もあってだと思うのですが・・・。

急に「死」というものが実感となって襲ってきてしまったようで・・・。
「お父さんが 元気に動ける間に家族旅行で 足摺岬に行きたい!」と言い出しました。

そこで 計画が進行。
9/29.30日 子どもの頃 ずっと泊ってたホテルを再度 訪れる事になりました。

途中 観音寺の銭形砂絵をみたり 
銭形ブログ
ふふふふ これで お金に困ることはなくなるらしいですな・・・。


桂浜で坂本龍馬さんの銅像とご対面した後 家族でパチリ。
桂浜ブログ
今回は 父がカメラマンです。

仁淀川で仁淀ブルーみて 大興奮のまま。
仁淀川ブログ
すごい水量です。
この石 比較対象がなくて 申し訳ないのですが めちゃめちゃでっかいんですよ。

仁淀川2ブログ
あまりに綺麗で 吸い込まれそうです。
ずんずん 滝まで 歩いてみました。
雨の予報だったにもかかわらず いいお天気に恵まれました。

仁淀川から足摺岬までは 3時間。
予定時刻を大幅に遅れて ホテルに到着。
30数年後 まさか 実家の家族と夫と娘と行ける日が来るなんて・・・。
(息子たちは仕事の関係で休めませんでした)

子どもの頃の私には 想像すらつかない出来事でした。

ホテルは当時の面影を残しつつ 時間の経過も感じましたけど・・・。
小学生だった私に 既に成人した子どもがいるんですから 随所の傷みも目立つのも当然ですね。
懐かしいぃ~
それさえも 愛おしく感じました。

何が一番 驚いたって・・・。
「匂い」なんですよね。
 ホテルは 当時と同じ匂いがして 一瞬で当時の記憶が細部まで甦ってくるから 驚きました。

夜 女性陣で大浴場を満喫。
露天風呂は 貸し切り状態。
童心にもどって こっそり泳ごうとしたら 娘ちゃんから「やめい!」

ちぇっ 大人ってつまんねぇな といいつつ こっそり 平泳ぎ!
(結局 バレて 叱られましたが・・・) 

夜はあっという間に就寝。
翌朝 ホテルのプライベート断崖(?)を散歩します。

おぉぉぉ  島がない!
海の色が濃い!!
プラ海3ブログ
いつも見慣れてる瀬戸内海は あちこちに小島があるので 真っ直ぐな水平線は 見れません。

朝日ブログ
朝日が 昇ってきましたよぉ~
雨の予報が またしても快晴!
とっても気持ちのいい朝でした。

うきゃぁ~ なんでしょう? この色!

ブルートパーズ思わせる海の色。
プライ海2ブログ

ここは 魚がいっぱいいました。
写真では とれませんでしたが・・・。
ルリイロスズメダイも

不意に あふれる母の記憶。

「あぁ ここで笑ってた」
「 あぁ ここで驚いてた」 
「あぁ ここで感動してた」

何歳になっても 子どもみたいに感動して 優しい笑顔で・・・。
天然で 自分の足元がよくなくても 子どもの足元ばかり 気にしてて・・・。
魚をみては 蟹を見つけては 喜んで・・・。

どうしてだろう? 
どうにもならないんだけど 母の姿がない・・・。
20年たつのに・・・。
一瞬 どうしていいかわからない位 胸が張り裂けそうな寂しさを感じましたが・・・。

横を見ると笑顔の娘がいてくれて・・・。
以前の母と同じ様に 自分の足元が危ないのに 娘の心配をしてる自分がいて・・・。
そんな私を 「うちの事はええけん かーさんあぶねぇけん」って 心配してくれる娘がいてくれて・・・。
この場所は 辛すぎました。
でも・・・。
強烈な寂しさに襲われながら 強烈な愛おしさに胸がいっぱいになる自分がいました。

プライ海ブログ
瀬戸内海とは 違って 海の色も すっごく濃いブルー。

帰路では 白山洞門に・・・。
白山洞ブログ
ここは 洞窟までの距離が すごかったです。
急な階段 いったい 何段あるのかな?

ここで はじめて父が杖を使いました。
この瞬間「あれ? お父さんが杖使ってる。あぁ そうかぁ 年をとったんだ」。
なんだか ここでも急に寂しくなりました。

いままで 実家に帰ると 玄関に杖があったのですが・・・。
私の前で 杖を使って歩いてる姿を見た事がなかったので ピンとこなかったんです。

今でも 自己管理が 徹底している父は 毎日の散歩を欠かしません。
歩きすぎて 膝を痛めてしまってからは プールで水の中を歩いて足を鍛えています。
そんな父なので 成人病関連は 全く罹患していないので 80歳の今でも 薬を飲んでいません。

そんな父でも 流石にハードな坂道。
 私の前を 数段あがっては 止まり また あがっていく姿。
( 私達夫婦の方が 完全にバテてるんですけどね

どうしてでしょう・・・。
私だけかもしれません。
順番的にも 親が先に逝く可能性の方が高いのに・・・。
いつまで経っても自分の親は死なないって 思い込んでて・・・。
不意に 実感して 不穏になってしまいます。
母を亡くしてるのにね

ジョンブログ
ジョン万次郎さんと一緒にパチリ!

この後 なかなかいい写真が撮れなかったんですけど・・・。
竜串・見残し海岸・貝のギャラリー・今治タオル美術館を経て しまなみ海道を通り帰りました。

海岸沿いにあるお店で 娘ちゃんと お揃いのサンゴのブレスレットを買いました。
この時 二人で選んで お揃いを買ったのですが・・・。
サンゴブレスブログ
注)特別出演 とさお。
とさお 大好き娘ちゃん為に 弟が娘に買ってくれてたみたいです。

二人で嬉しそうに はめて車に乗ったら 父の奥さんが 気のせいか?
 なんだか寂しそう。
「あぁ やってしまった」
押し寄せる後悔の波でしたけど・・・。

次のお店に行くと 少し違うけど 同じようなサンゴのブレスレットを発見。
腕を組んで 一緒に行って 一緒に選んで 父の奥さんにプレゼントしましたら・・・。
とっても喜んでくれました。

お店の人から「親子?」と聞かれ
私:「えぇ そうですよ」と答えたら すごくうれしそうな父の奥さん。
店の人:「本当に? 本当の親子なの?ほんとう? おかあさん 若いなぁ 姉妹かと思ったわ」
父奥:「本当の親子よ!」


・・・。

姉妹って まぁ 姉妹でもおかしくない年齢差ではあるけども なんとなく・・・。
(父と父の奥さんは15歳の年齢差です)

本当の親子ではないけど あまりに嬉しそうなので 否定するのも 憚られ・・・・。
私:「うんうん 本当の親子」って 腕を組んだまま 笑顔でお店を離れました。

半世紀も生きてきたのに・・・。
まだ どこか割り切れない私は。
亡き母を思うと なんとなく 裏切ってるような うしろめたさを感じてしまいます。
それなのに 私を実の娘だと嬉しそうに人に言ってくれるような人がいてくれる事に 深い感謝も感じたりもしました。

実家の旅行に 嫌がらず一緒に行ってくれた夫にも感謝
本当に 楽しい思い出いっぱいの旅行になりました。

「お父さん 楽しかったぁ ありがとう 私 今度は温泉がいいなぁ・・・。」さりげなく 次回のリクエストもしてみたりして・・・。

結局 帰宅してからの数日 案の定 使い物にならなかった私ですけど・・・。
ぬふふふふふ お父さん・奥さん・姉様・にーに(弟)・夫に娘ちゃん 
素敵な思い出をありがとぉ~

また どこか 楽しい場所に行けますように・・・。
スポンサーサイト



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:12
そんな発想? :: 2019/09/20(Fri)

水曜日。
娘ちゃんのカウンセリングの予約があったので 学校を休んで 朝からクリニックへ・・。
その帰り道 お気に入りのお茶屋さんへ一緒に行きました。

お店に入るなり 店員さんが 試飲のお茶を次々 勧めてくれます。
頂きながら・・・。
時間もたっぷりあったので 娘ちゃんと二人で 端から サンプルの香りを楽しみます。

私と娘ちゃん 恐ろしいほど 香りに関しては好みが割れます。
シャンプーに始まって 柔軟剤も芳香剤も なかなか意見が合わないので 二人で買い物に行って 折り合いをつけるのが 大変です。
嫌いな香りだと ストレスがたまるのでお互い譲れませんね。

私がいいなぁと思うと 娘ちゃんは この世の物とは思えないような表情を浮かべ・・・。
娘ちゃんがいいなぁと思う物は 今度は私が この世の物とは思えないような表情を浮かべ・・・。
しかも お互いのその表情を誹りあっては 「その表情はブス!」「その顔はえぐい!」「それはぁ~」 
お互いの表情が面白すぎて 我慢できず二人して 店先で 笑って肩を震わしている様は どんな親子に見えるやら・・・。

店に入るなり ついて来られてた若い店員さんが 違うお客さんの接客に行かれたので 再び マイペースで楽しんでいると・・・。
私より少し上の店員さんが 来てくれました。

お茶の説明をしてくれて 購入したいお茶を伝えて準備してもらって いざ会計になった時。
店員さんが すごい笑顔とテンションで

「あっ 当たりだぁ!」


・・・。


ん?


何かしら?
こちらが 驚いてると 我に返った店員さん。

「お客様ぁ~ 当たりましたよぉ~ 本日2人めです。昨日から始まったので お客様で4人目ですね」


何を言ってらっさる?さる?

???マークの親子に 我に返った店員さん。
「おめでとうございます。昨日から 始まったんです。レシートの裏に 不定期に当たりマークがつくんです。それが お客様に出ましたぁ!当たりましたよぉ~。 この中から 好きなお茶をおひとつどうぞ!」

すごい笑顔!
何かしら? 店員さん 当たった親子より 嬉しそう~

7種類くらい入った「あたり」の箱の中から好きなお茶を選ばせてくれます。
あたり ぶろぐ
ふふふふ  娘ちゃんと サンプル見てる時から 気になってました。
金箔が入った「加賀 金箔茶」 頂きましたぁ~
目の粗い茶漉しでいれると 金箔が舞うそうですよ!!
折角なので 息子の結婚式の時に 開ける事に致しましょう~

この日購入したお茶。
otya.jpg
まずは ・・・。
二人セレクト。
先日 LUPICIAさんからのお勧めでサンプルを送ってもらった緑茶の日常使いバージョン。
緑のパッケージ: 茉莉花茶(モーリーファーチャ)。 中国緑茶ベースのジャスミンティーです。
珍しく娘ちゃんと意見が合致! 気持ちが安らぐジャスミンの香りです。

私セレクト。
ピンクのパッケージ: ローズティー。 バラの花びらが いっぱいの紅茶です。
こちらは 来月の誕生日に 自分へのご褒美(?)に。

娘ちゃんセレクト。
黄色のパッケージ: ジンジャー&レモンマートル。
ルイボスティーにハニーブッシュ ジンジャーの香りがすごいです。
小さな紙コップで試飲させてもらったのですが すぐに体がポカポカしてきました。

店員さんのテンションが移った私は 支払いしながら 満面の笑みで。
「わぁ~い ありがとうございます。うれしいなぁ。」ってはしゃいでましたら・・・。

店を出て 娘ちゃんがぼそっ。
「あぁ~ぁ 9月のラッキー 使い切ったなぁ」
 

まじ?

私は 素直に単純に ただただ純粋に喜んで 幸せはどんどん増えるものと思ってるんだけど・・・。
「頑張ってる親子に神様のご褒美ね」位に思ったんだけど・・・。

そっかぁ お茶が当たった事で そんな発想になるんだねぇ
禍福は糾える縄の如し?
嬉しい時は 純粋に喜ぼうよぉ~。
その後 はしゃぎすぎないように 気を引き締めれば 大丈夫!

ふと 思いました。
「あぁ この子のカウンセリング まだまだ 続きそうだなぁ~」
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
免許の更新 :: 2019/09/17(Tue)

夫は8月の終わり頃・私は10月の中頃  誕生日を迎えます。
年齢差は 夫が 3歳上。 
5年ごとの免許証の更新は 同じ年。
9月の中旬だと 二人一緒に更新手続きができるので 今年も一緒に行ってきました。

岡山ルールなるものが 有名ですが・・・・。
(曲がる際に ウインカーを出さない人が多い)
二人とも なんとか 無事故無違反 保険にも優しいゴールド免許。
高速にのって 岡山の免許センターまで行きました。

免許証の更新って・・・。
最寄の警察署では 平日しか出来ないのに 免許センターは 土曜日・祝日も休み。
となると 平日仕事してる人は 日曜日しかないんですよね。

私は 平日に 免許の更新もできますが 夫は 仕事の関係で 日曜日しかいけません。
うちから 免許センターまでは 高速道路をつかって 1時間ちょい?
もっと 遠方の人って ほんとに大変だなぁって思います。

生まれも育ちも岡山県民の私は 岡山の免許センターしか行った事がないので 他は知りませんが・・・。
岡山の免許センター 結構 山奥にあるので  見渡す限り緑の中なんです!
センターの敷地内は 手入れされた芝生も広がってますから 猶更 緑。
あまりに緑緑してる中に 突然 現代的なでっかい建造物。
緑の中の謎の工場にでも 放り込まれたような気持ちになるのは きっと私だけなんですけど・・・。
自動ドアが開くと 大きな番号札が あちこちに貼られ 流れ作業のコンベアにでも のってるかのような気持ちに・・・。
そうなると職員さんも 機械的に見えてくるから 面白い。
さくさく手続きがすすめられていきます。

視力検査も 問題なく 終わりましたよん。

あっという間に 写真撮影も終わり・・・
30分の講習を受けて 新しい免許証を受け取って終了。




あれ? こんなにあっけなく終わったっけ?
なにか 忘れてるような・・・。



う~ん  思い起こせば・・・。
免許の更新って すごく大変な記憶しかなかったぞ・・・・。
幼子3人連れての更新→発症後の更新。

そうか!
子ども達を連れてきてたから あんなに大変な記憶が残ってたんだ。
食物アレルギーの子ども達を連れてくるには お弁当・おやつ・お茶に 着替えに 大量の荷もつもって おもちゃ 準備して・・・。
子どもが大きくなって来た頃は  病気になって まだ 症状が安定してない時に 来たからあんなにしんどかった記憶が残ってたんだ。

※)私の持病は 「複視=物が2重に見える症状」が有名なのですが  私は複視の症状がほとんど出ません。脱力が出た際には 運転どころではないので できません。運転免許については 医師から 「問題なし」と言われているので ご安心くださいね。

今回は 薬が増えて 持病のご機嫌をうまく取れるようになって 大人二人できた免許の更新。
だからなんだ 大きな忘れ物でもしたような 恐ろしいほど あっけなさ。



見事に澄み切った青空。
広い芝生の上を 3人転げまわってはしゃいでた子ども達の姿が浮かんで消えて・・・。
急に ふいに さみしくなったけど・・・。
「あぁ そうだ! あの子たちと一緒に来ることは もうないんだね。無事に大きくなってくれたんだもんね」って感謝の気持ちが あふれてきましたよ。

次の更新 無事故無違反なら 5年後だね。
人生の折り返し地点は もう過ぎたからなぁ・・・。
あと何回 ここに来るのかな?
次は どんな気持ちで どんな体調で ここに 立っているのかな?
また 二人一緒に ゴールド免許のまま 来れるように 頑張ろうね。

少し感傷的になりかけた時 隣で「腹が減ったのぉ 昼 何食べる?」と夫。

少し前から やけに食べたくなっていたので・・・。
「天然酵母のハードなパンに生ハムいっぱい入れた サンドイッチが食べたい!」
パンがあまり好きではない夫に 却下されるだろうなぁって思いつつおねだりしてみました!

と・・・。

「ほんなら パン屋じゃの?」

以前なら「わしはパンはいらん!」って あっさり却下されてたんだけど・・・。
なんだか 最近 まるく優しくなった夫が 車を運転しながら パン屋さんを探してくれてますぞ。


乳・卵・小麦・大豆 等々 完全除去食してたアトピーっ子達は ありがたい事に・・・。
もう なんでも食べられる大人になって 自立の道へ・・・。

そうだよねぇ これからは 夫婦二人の時間が増えるんだね。
どうか お互い 丸く優しく思いやって 年を重ねていけますように・・・。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
涙そうそう :: 2019/09/14(Sat)

今 何気なくテレビをつけてましたら・・・。
夏川りみさんが「涙そうそう」を歌う事になったいきさつを話されてました。

16歳で 大きな歌番組で優勝して 石垣島から東京にでてきて 違う名前で演歌歌手になるも ヒット曲に恵まれず・・・。
25歳で夏川りみで 再デビューするも1年たっても またまた ヒット曲に恵まれず・・・。

沖縄サミットで BEGINさんが「涙そうそう」を歌ってるのを聞いて この曲を歌いたいと!
お姉さんと同級生で 小さい時から可愛がってもらってたBEGINさんにおねだりするも なかなかOKもらえず・・・。

それでも あきらめずおねだりしてたら・・・。
BEGINさんから この歌が作られたいきさつを説明してもらったとか・・・。

森山良子さんと曲を作る約束をされたBEGINさん。
まずBEGINさんが曲をつくり「涙そうそう」って曲名をつけて 森山良子さんに渡した所
「「涙そうそう」ってどういう意味?」って・・・。

石垣島の方言で 「涙がポロポロこぼれてとまらないって意味です」と・・・。
当時 森山良子さんは お兄さんを亡くされていたとかで 涙そうそうの歌詞が 完成されたとか・・・。

大切な人を亡くして涙が止まらない。
その状況で 生まれた曲だそうです。

そのいきさつを聞いた夏川りみさんが 歌った所 はじめてBEGINさんからOKもらえて 夏川さんが歌われる事になったそうです。


その曲が生まれたいきさつを聞いて この曲を聴くと・・・。
母・祖父・祖母・・・・。
見送った大切な人達の笑顔が 浮かんで ほんと 涙そうそう状態に・・・。

♫「涙そうそう」
古いアルバムめくりありがとうってつぶやいた
いつもいつも胸の中で励ましてくれる人よ
晴れ渡る日も雨の日も浮かぶあの笑顔
思い出遠くあせても
面影探してよみがえる日は涙そうそう。

一番星に祈るそれが私の癖になりゆうぐれに
見上げる空心いっぱいあなたさがす
悲しみに喜びも思うあの笑顔
あなたの場所から私が
見えたらきっといつか会えると信じ生きてゆく

晴れ渡る日も雨の日も浮かぶあの笑顔
思い出遠くあせても
さみしくてこいしくて君の想い涙そうそう
会いたくて会いたくて君への想い涙そうそう  

いつも なんとなく ぼんやり惰性で生きてる感があるけれど・・・。
何かのきっかけで 「あっ そうだ!」再認識する瞬間がある。

先祖代々の家系図がある家柄でもないので・・・。
沢山のご先祖様方が 顔はもちろん 名前さえも どんな生き方をされたかも 全くしる事もできないけれど・・・。
数えきれないほどの 沢山のご先祖さまから 脈々とつながってきた命。
「自分の命は 自分の好きにしていいでしょ」
「自分の人生なんだから 自分の好きにしていいでしょ」
そうなのかもしれないけど・・・。

自分だけってのは どこか驕りなのかも?と おもったりも・・・。
今度は 子ども達が バトンをつないでくれる事を祈りつつ・・・。

♫ あなたの場所から私が見えたらきっといつか 会えると信じていきてゆく♫
そうだよね・・・。
いつか会えたその時  母に 祖父に 祖母に・・・。
「よく頑張ってたね」そう誉めてもらえるように 生きなきゃね・・・。


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
安心なのか? 意味があるのか? やりきれないのは私だけじゃないと思う。 :: 2019/08/30(Fri)

今日の話は いつにも増して長いです。
大丈夫よ!って方のみお進みくださいね。


少し前の話になるのですが・・・。
義父のお墓を建てた際 その費用を 義母名義の地元の信金からおろす事になりました。

その際 義母から「信金に行くのが しんどいから代わりに行ってきてくれないか?」と・・・。
 通帳と印鑑を預かって 若干の嫌な予感を抱えながら出かけていきました。
ATMなら 暗証番号とカードさえあれば 何の問題もなく 下せますが・・・。
窓口となると スムーズにいかないのでは? 
そんな嫌な予感が頭をよぎりましたが しんどいというのに 行かない訳にもいきません。

ATMの限度額を超えていたので 窓口へ行き 義母の通帳と印鑑を出して おろしたい旨伝えると・・・。
信:「ご本人さまですか?」
私:「いいえ 長男の嫁です」
信:「同居ですか?」
私:「いえ すぐ近くですが 同居ではないです」
信:「身分証明書はお持ちですか?」
私:「はい」(免許証を提示)

信:「同居でなく 娘さんでもないとなりますと ちょっと・・・」
私:「はぁ でしたらさっきの身分証明書の提示は 何のためだったんですか?」
信:「あのぅ こちらの支店で通帳をおつくりになっておられませんので・・・」
私:「はぁ? で?」

えっ? 身分証明書出せっていうから だしたのに? 通帳も 印鑑も間違いないよね?
あぁ 嫌な予感したんだよねぇ・・・。

信:「すみません。上の者に相談してきます」
私:「はぁ・・・。そうなんです?」

少しして ・・・。
信:「すみません。お義母様に電話で確認させていただいても?」
私:「どうぞ 耳が聞こえにくいので 家の電話に出ても 聞こえてないようなら 携帯へかけなおしてください。お願いします。」

わざわざ携帯の番号まで 教えたのに・・・。
「電話確認してもいいよ」って言ってるのに 確認する様子もないまま・・。
再び  上司とひそひそ。

やっと来たかとおもったら・・・。
信:「あのう 大変申し訳ないのですが お義母さまと一緒に通帳をつくられた信金へ行っていただく事は可能ですか?」
私:「はっ? しんどいから 行ってきてくれと頼まれたんですけど・・・行っていけない事もないとおもいますけど 私では 処理してもらえないと?」
信:「はい 大変申し訳ないのですが・・・。お義母さまと一緒に通帳を作った支店にお願いします。こちらからすぐ対応させていただけるように連絡しておきますので・・・」

この間 上司に相談だの 身分証明者の提示がどうので 30分くらいかかってますけど・・・。

私:「あぁ そうなんですね。電話の確認も結局なさらないまま? おかしい話ですね。わかりました。なぜできないのか わかりませんけど・・・。義母を連れてそちらへ向かいます。」
信:「申し訳ございません。こちらから連絡しておきます」
私:「そうですね そうしてください。」
頭に来たけど ごねた所で時間がかかるだけだろうし・・・。

そして義母の家に寄り 事情を説明し 一緒に通帳を作った支店へ 義母連れて行きましたら・・・。

信:「〇〇様ですか? お待ちしておりました。お義母様ですか? お手数おかけして申し訳ございません。早速ですが お義母様の身分証明書をお願いします」

義母は免許証を持ってないので 写真付きの身分証明書がありません。
なので 2枚の身分証明書が必要と・・・。

保険証と後期高齢者の受給者証の2枚提示でok
それから 再び 私の身分証明書の提示を求められ・・・。

その後 義母だけ窓口に呼ばれます。
耳が悪いので 横に立ってたら 
信:「お嫁さんは すみませんが あちらでお持ちいただけますか?」
私:「はぁ? 耳が不自由なので 伝えたいのですが・・・」
信:「あぁ わかりました。それでは 筆談で・・・」
私:「目も 見えにくいから 筆談も難しいと思いますよ」
信:「それでしたら 大きな声でお伝えしてみます」
私:「では お願いします」

どうやら 私に聞こえないように 義母に用途を確認したかったみたいですけど・・・。
義母の耳には 聞こえるキーの高さと距離? 方向? みたいなコツがあって・・・。
そのキー・距離・方向で話をすれば そんなに大きな声でなくても聞こえるんだけど・・・。

そんな事 わかるはずもなく 大声で
信:「このお金は何に使われるんですか?」
義:「はぁ? よー聞こえんのんじゃけど」
信:「このお金は何に使われるんです?」
義:「何をよんか よーわからん」

義母が 目線で 私に助けを求めてますが あっちへいけと言われてるから いけませんがな。
何より 行内全体に聞こえるような大声で 私にもばっちりはっきり聞こえてるのに 個別の確認の意味あんの?

けど 何回か 同じやり取り続いてるし こっちを見て助けを求めてるお義母さんを放置もできず・・・。
信金さんも困ってる。

見兼ねて 信金さんに「行ってもいい?」って 確認して そっと義母の隣に行って・・・
私:「お義母さん 何に使うお金なの?って 聞かれてますよ。信金さんから 私はあっちに行ってくれと言われたから 横におれんのです」
義:「まぁ ほんまかな・・・。困ったなぁ お金はなぁ おじいさんのお墓を建てるんじゃ」
信:「あぁ そうなんですね」

納得してくれたのか? めんどくさくなったのか?
信金さん 手続きに入ってくれましたが・・・。

今度は私に向かって 小さな声で・・・。
信:「大きくて立派なお墓を建てられるんですね」
私:「先祖墓なので 大きいみたいですね。私は一切 その件に関知しておりませんからわかりませんが・・・」って能面に様な表情になって答え。

しっかり義母に向かって
私:「信金さんがね「大きな立派な墓を建てられるんですね。」っていわりょーりますよ」って伝えましたら・・・。

義母が信金さんに向かって・・・。
義:「 近所の知り合いがおるけぇ そこで頼んで建ててもらうんよ」
信:「そうなんですね 立派なお墓なんでしょうねぇ」

何が目的で こんな発言を繰り返す?
お墓の相場でいえば 一般的な金額だと思いますけど?

とうとうイライラがMAXにきちゃいまして・・・。
能面のような表情から 笑顔になって・・・。

私:「なんでしたら 見積と請求書もってきましょうか? それなら 信用してもらえます?」
信:「あぁ いえ そこまでしていただかなくて 大丈夫ですよ」

なんとか お金をおろしてもらえて 義母と帰宅できましたが・・・。
最初の支店から始めると 移動時間もこめて2時間弱。

何度も身分証明書の提示を求められ あげく無意味に終わったけど 個別に用途を確認され・・・。
親子関係を疑われ(?) 電話確認してもいいって言ってるのに それもせず!
ATMの限度額を めちゃめちゃオーバーしてたならともかく・・・。
限度額+少しだったのに・・・。

もっと方法なかったの?

もう なんなら警察にでも 通報してくれよ!
こっちは 何も悪い事してないから 全然平気だし・・・
役所で 親子関係証明する書類が必要なら とってきてやんよ!
(すみません 言葉がよくないですね)

そんな気持ちになりました。

詐欺の被害に合わせない為なんだと思いますが・・・。

この穏やかで優しそうな善人面にしか見えない私が 犯罪者扱いされてるようで・・・。
(画像を公開してないので なんとでも言えますな はははははは)

どうやら 同居だったり 法定相続人であったり すると ここまでされる事はないのかもしれませんが・・・。
同居の嫁だったら 悪事働かないんですか?
別居の嫁だったら悪事働くんですか?
法定相続人だったら悪事働かないんですか?
限度額を超えたら 通帳作った支店じゃないと 処理してもらえないって 周知徹底してるんですか?
それって 私が世間知らずなだけで 一般常識なんですか?

嫁なんざ どんだけ面倒みてたって 所詮は他人だし 法定相続人にもならないから こういう時 ほんと不便です。
(法律が かわるから そのあたりもかわるかもしれませんが・・・)

人をみたら 泥棒と思え?
信金さんの事 信用できると思えば そうなんだろうけど・・・。

悪い事する人たちのせいだ!
善良な市民が 善良な使用目的で 親のおつかいすることさえ 難しくなって大迷惑するんだよ!!
まだ 義母が動けたからよかったけど・・・。
これで 入院してたり 寝たきりにでもなってたら・・・。

悪さするつもりもないから 一番近い信金さんに行って 呑気に「長男の嫁です」なんて言ったのが悪かったの?
悪さするつもりもないから 嘘つく必要もないし 一番近くに行くでしょ?
でもね・・・。
限度額ギリギリまで  暗証番号さえわかればATMで下せるんでしょ?
数日かければ かなりの金額下せるよね?
それ考えたら どこまで 防げるんだろう?
電話だって きっと詐欺師なら 事前に策を練ってるのかもしれないし 無意味なのかもしれないけど・・・。
家の電話だけでなく 携帯まで 教えてるのに!

結局 抜け道って いっぱあるんだよね。

時間に余裕があったからよかったけど・・・。
私が 仕事してて 昼の休憩時間しかなかったら ?
もし すごく急いでたらどうなってたんだろう?

義父が亡くなって 保険関係・金融関係・公的な手続き。
特にお金が関係する手続きでは なにかといえば・・・。
「法的相続人しか手続きできない」 その言葉で拒否されてきました。


嫁って立場は 都合のいい時は 「嫁なんだから 親の面倒みるのは当たり前」なのに・・・。
こんな時は 他人扱い? 
親を一緒に連れて行ってるのに? 
信用してもらえない存在なの?

もっと まじめに生きてる者同士 お互いが WINWINになれるような 方法はないのでしょうか?

なんだか やりきれない気持ちになったのでした。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
次のページ