育児 2017.09.19 (火)
土曜日の朝。
近づいてくる大型台風に怯えつつ 沸き上がってくる様々な感情と戦いながら・・・。
中学生 吹奏楽部活動 最後のお弁当を作りました。

朝9:30分 中学校全体での「歌声発表会」で幕が開きます。
1年生の時と比べて その成長ぶりに 純粋に感動しました。
どの子も ダレもせず 真剣に歌ってる姿。

発表会の最後に 先生方全員が生徒たちに贈ってくださった「365日の紙飛行機」では 自発的に生徒から手拍子が始まって 会場が一体に・・・。
最近では 色々教員の問題が 取りざたされてますが・・・。
娘の通う学校では いい先生が多く 信頼関係ができているんだねと うれしくも・・・。
先生方は 放課後 部活動が終わってから 毎日2時間位 練習されてたそうです。

校長先生のお話も温かく いい発表会が終わりました。

さぁ いよいよです!!
吹奏楽部の生徒 保護者はそのまま 会場に残り 「オータムコンサート」の準備が始まりました。
娘に嫌がらせしてくる生徒の保護者と一緒に行動しないといけないのは事前にわかっていました。
(保護者も色々手伝いがあるので・・・)

相手の保護者は何も悪くないはず・・・。
でも もし 何か言われたら私の理性は保てるのか?
そもそも気の短い私が 何も言わず 冷静に対応できるのか?
相手の子ども達の態度にキレそうになったら・・・。
そこが一番 心配ではあったのですが・・・。

朝 会場まで送る車の中 娘ちゃんから「くれぐれも何もしないでね もう 大丈夫だから」って言われた言葉が大きくブレーキになり・・・。
終始 何事もなかったかのように 自然体でふるまう事が出来ました。







どういう訳か 前半の司会をしている娘ちゃん。
沢山の人前で 堂々と話す その姿。

私は 端が好きで 隅が好きで 人前にでるのは大嫌いなので・・・。
その堂々として話す姿に 改めて驚愕していました。
演奏も堂々と 最後の最後まで 後悔ないようしっかり 楽しそうに 演奏していました。

今回のコンサートには 娘ちゃんの中学最後の晴れ舞台だからと・・・。
体調が悪い中 義母も来てくれ 途中 義母が帰りたくなった際に すぐ対応できるように次男が義母に付き添ってくれました。
私の実家の父と奥さんも 大きな花束をもって 来てくれました。

IMG_20170916_204135_201709191431001ab.jpg



実家の父は 音楽に興味がなく 孫の成長も 特別愛情深く見守ってくれてるような印象がなかったのですが・・・。
かなり感動して 喜んでくれていました。
父の奥さんも 実の孫のように 可愛がってくれていて 心から嬉しそうに 晴れ晴れした笑顔で
「堂々として 本当によかった 可愛いし 頼もしいし! あんなに小さかった○ちゃんが・・・」と感涙してくれました。

そんな家族と一緒に コンサートを楽しんでましたが・・・。

とうとう 最後の曲で 今迄の事が思い出され 涙があふれて来た頃・・・。
舞台の上で後輩が 身体を半分に折って号泣しはじめ・・・。
(3年生が 後輩の為に演奏するので 3年生のみの演奏だったのですが・・・)
「あれまぁ?そんな泣く?」って思った瞬間 涙が止まり・・・。
ついつい号泣する生徒さんに目が釘付けに・・・。

アンコールも終り 幕が引かれました。
最後に記念写真を撮ってもらって 会場の片付けを 生徒 保護者で はじめた時。

1年生のある知り合いの保護者さんから「アンさん アンさん この人がね アンさんにお礼が言いたいって・・・」

???? 

ん? はじめましてですよね? どなたでしょうか? 私がいったい何をしました?

そう思った時 相手の方が・・・。
「○先輩(娘)から うちの娘がコンテストの前に手紙をもらったんです。心の籠った手紙が 本当にうれしかったみたいで 今も冷蔵庫に貼ってあるんです。親子で感動して・・・。だから一言 どうしてもお礼がいいたくて・・・」って・・・。

そう言われた時 うちも うちもと あっという間に数人の保護者の方に囲まれたのですが・・・。
それって 私にではなくて 娘に直接言ってもらえたら・・・。

ちょうどいいタイミングで 少し前をモップで拭きながら通り過ぎようとしていた娘ちゃんを発見。
「あっ ここにいるので 直接 言ってやってもらえますか?」

娘ちゃん 何も分からぬまま きょとんとしてましたが・・・。
沢山の保護者の方々から お礼を言われて 真っ赤になって お辞儀してました。

そういえば コンテストの前日 夜遅くまで 必死で手紙書いてるなぁと思ってたら・・・。
そんな事してたんだ・・・。

トロンボーンの後輩の子も 私の顏をみるなり 号泣。
気が付いたら 必死で慰めてる私の存在って・・・。

1年生の時 3年生の先輩に いじめを受けてた娘ちゃん。
自分は 決してそんな先輩になるまいって決めていたのだと思います。
手紙も ある先輩からもらって嬉しかったから書いたそうなのですが・・・。
他の3年生ももらってたけど 後輩に書いてる子はいなかったようですし それだけじゃなく 後輩全員に書くって・・・。
私には 出来ないわぁ・・・。

してもらって嬉しかった事は 自分も伝えて・・・。
されて嫌だった事は 絶対にしない。

小さい時から「人にされて嫌な事は自分もしない」って・・・。
ほとんどの人が 沢山の大人から 先生から 言われて育つ言葉だけど・・・。

「自分から積極的に嫌な事や意地悪はしないけど されたら きっちりやり返す! なんなら数倍にしてやり返す!」
そんな思想の私だから きっと 娘にも その精神は沁みついていると思ってたのに・・・。 
 
またしても 娘ちゃん 親の想像を超える成長してくれてました。
もう 自分でも 大暴走がとまらない親ばかだとは 思うのですが・・・。

誰の子なんだ? このいい娘は?
本当に 夫と私の娘なのかいな?

そんな事を思ってた まさにその時。
娘に嫌がらせしてくる子が私の視界に入ったかと思うと ばっちり目があってしまいました。
それまで ニコニコしてた私の笑顔が一瞬でこわばったかと思うと 汚物を見るような冷たい視線を飛ばしてしまってました。
それに気が付いた相手からも 一瞬で笑顔が消え去るなり 怯えた表情になって すっと目線をそらせてきました。

「あっ やってもーた」気が付いた時には 娘ちゃんにバレてしまってて・・・。
「かーさん やめてって言ったでしょ」って 諌められてしまいました。

ちぇっ これくらいいいじゃんよぉ~
相手の心をえぐるような言葉を これでもかって考えてきたのにさぁ 我慢してるんだから・・・。

心の中でつぶやくと ほぼ 同時位に・・・。
「何も言わんでええけんな 言うべき事は うちが言うけん」


・・・ 


負うた子に教えられるとは この事でしょうか・・・。
今更ながら 娘の人としての器は 私より 相当でかいのではなかろうか?と思ったのでした。

最後の最後まで 本当に色々ありました。
まとまりも悪く 人間関係も辟易する場面が多々ありました。
それでも 最後まで しっかり踏みとどまって・・・。
娘は またしても大きく一歩 成長してくれたのだと思います。

中学生の部活動 今日で本当に終わったね。 

これからは 受験勉強モード突入だ。
受験勉強 後悔しないよう頑張ろうね。

かーさんは 娘ちゃんを見習って・・・。
もう少し自分の器を大きく出来るよう 一緒に勉強しようと思います。


→続きを読む?
スポンサーサイト
育児 2017.09.14 (木)
昨日 帰宅してきた娘ちゃんが 「母さん 今日 いってきたけ-」と・・・。





私:「ん? どこえ?」
娘「いや 違う違う 言いたい事をはっきりいうて 大喧嘩してきたけん」
私:「はっ? 本気で? 例の人と?」
娘:「うん もう一人の○ちゃんも一緒におったけぇ ちょうどええわぁ思-て・・・」
私:「いつ?どこで?誰々おったん?」
娘:「朝練の時 部室で そがんおらんかったけど 後輩も数人おったかな? 皆 ドン引きしながらかたまっとたでぇ ふふふふ」

・・・。


私:「そーなん あんた 無茶したんなぁ で 大丈夫じゃったん?」
娘:「相手が先に言いたい事 いうてきたけぇ 返り討ちにしてやったわ」 


・・・。



----------(念の為の訳)---------
私:「ん? どこへ行ってきたの?」
娘「いえいえ 違います違います 言いたい事をはっきり言って 大喧嘩してきました」
私:「はっ? 本気で? 例の人とですか?」
娘:「うん もう一人の○ちゃんも一緒にいたので 丁度いいわと思って・・・」
私:「いつ?どこで?誰々いたの?」
娘:「朝練の時 部室で そんなに沢山はいませんでしたけど 後輩も数人いたかな? 皆 ドン引きしながらかたまっていました ふふふふ」

・・・。


私:「そうなの あなた 無茶したのですね 大丈夫だったの?」
娘:「相手が言いたい事を言ってきたので 返り討ちにしてやりました」 

--------ここまで--------


やけに晴れ晴れとした顏の娘がそこに・・・。

先日 ご心配おかけしてしまって アドバイスいただきました。
(温かいお気持ちに溢れたコメントくださって 本当に ありがとうございました

娘ちゃんへの謎の嫌がらせ 新しい展開へ 進み始めたようなのです。
ほぼ毎日 泣かない日がなかった娘ちゃんの久々にみた すっきりした顏。

娘:「なんか 久しぶりにな ぼっけぇ すっきりしたわぁ ただなぁ・・・・」
私:「ほぉ」
娘:「ちょっと 後悔しょんよなぁ ちょっと言い過ぎたかなぁとも おもーて」


-------(念の為の訳)-------
娘:「なんだか 久しぶりにね とても すっきりしました ただね・・・・」
私:「ほぉ」
娘:「ちょっと 後悔してるかもしれません 少し言い過ぎたかなぁとも 思っています」
---------ここまで------------


あんなに嫌な想いをさせられたのに 言い過ぎたかも?って心配してるあたり・・・。

まぁ いいか・・・。


昨日は 本当に楽しそうに 久しぶりに鼻歌も歌ってました。
心の底からすっきりしたのだと思います。




少し明るくなってきた 兆しが見え始めてきたのかもしれません。
心配しながらも やっぱり見守るしかできなかった私ですが・・・。

どこにそんな強さが?
いつの間にそんな強さを?

親の想像を超えた成長なのかもしれません。

泣いても笑っても 本番まで あと2日
今週末 西日本に大型台風の影響が出るかもしれませんが・・・。

どうか 天気も演奏も人間関係も 穏やかに終わります様に・・・。
母は祈らずにはいられません。
育児 2017.09.09 (土)
今日の内容は 抽象的ではっきりしません。
すみません 詳細を書くと迷惑がかかってしまうかも?なので それでも 大丈夫だと思われる方のみ お進みください。


最近 娘ちゃんの様子が 特におかしい。

学校(特に部活)の人間関係で悩んでいる様子。
あとちょうど1週間で その部活も終わるのだけど・・・。
最後の最後まで 人間関係で 悩まされている。

1年生の時は 3年生の先輩に目をつけられいじめにあい・・・。
(同級生の友達が助けてくれて 事なきを得る)
2年生の時は 部内の勢力抗争に巻き込まれたり 八つ当たりされまくったり もっと酷い目にもあい・・・。
(最終的には 本人がキレまくって プチ事件も起こすが表面的には とりあえず沈静化・・・)
3年生になってさえ またしても 酷い目にあっている様子。
(現在進行形なので この先 どうなるか・・・)

いずれも 平和主義な娘ちゃんには なかなかきつそうで・・・。

泣かずに帰ってくる方が珍しい。

原因を聞けば 理不尽としか思えないし・・・。
娘ちゃんを悩ましている輩の真意がさっぱりつかめない。
善人面して好意をもってる体でやってきて 平気で裏切り 傷つけてくるので 性質が悪いにも程がある・・・。
娘ちゃんが大事にしている友人関係に働きかけ 壊れるまで あの手この手を駆使してくる子もいて・・・。
何故 娘ちゃんをそこまで攻撃してくるのか 理由も分からない。
されるがままで 泣いてた娘ちゃんが とうとうキレて 皆の前でたった一言反撃したら・・・。
それ以降 急に大人しくなって 今度は媚るようになってきて それはそれで薄気味悪いらしい・・・。

娘ちゃんの視点で話されるので そこに独断や偏見がないわけではないと思うけど・・・。
それを差し引いても 意味が分からない。

今回は特に悪質だ。
普段 温厚な私(絶対正反対だけど)だけど・・・。
腸が煮えくり返って眠れない。
当事者でなく 見守る側でさえ これだけキツイのだから 当事者の娘ちゃんはどれほどかと思うと 猶更不憫で
学校へ殴り込みに行って 皆の前で当事者をつるし上げてやろうかというおもいを 抑えるのに必死になる。

思春期になって 親とのスキンシップをさけるようになっていた娘ちゃんが 私が横になってるとそっと傍にくるようになった。
かなり精神的に 弱ってきているんだなと感じる。
自分から 離れていくまでそっと見守ることしかできないのが現状。

耳かきしちゃいけないって言われてるけど 耳かきしてみたり・・・。
顏や首のマッサージをしてみる。

泣きながら帰っても 夕飯を一緒に食べて 馬鹿話をしていると 笑顔が戻ってくるから きっと大丈夫?
あと1週間 後悔ないように 出来れば持ちこたえて欲しいけど・・・。
無理なら それでも いいかなって思う。


テレビをつければ 文春砲に 日本中が踊らされてるようで・・・。
不倫に詐欺に汚職に忖度・・・。
もっと大事なニュースあるんじゃないか!!ってげんなりしてくる。
そんな報道をみてると 大人になっても 平気で裏切る人ばっかり?って 思うようになるんじゃないかと不安にさえなってくる。

とりあえず 娘ちゃんからGOサインが出ないので 自宅待機してるけど・・・。
もし GOサインがでたら・・・。
最小限の攻撃で最大級のダメージを与えるには どうしたらいいかの妄想が止まらない。
とりあえず 二度と社会にでれないようにする方法まで考えようとしている自分にぞっとして 妄想にストップをかけるけど・・・。

人を呪わば穴二つ。
そんな輩に関わらないように 笑顔でいられるように視点を変える方が間違いない。

自分の事なら どうしただろう?
ある人の影響が大きくて 子ども心に 本音を言ってはいけないって思い込んでしまって・・・。
「自分さえ我慢すれば・・・」って勘違いで 事勿れ主義で生きてきて 最後の最後 些細な事で大爆発しては 孤独になってた私だから・・・。
娘ちゃんをみていると 昔の私のように「自分さえ我慢すれば・・・」で大爆発している姿をみると 歯がゆくなる。
「ちゃんと相手に自分の想いを伝えなさい」
「あなたが我慢しても 相手には通じないし 何も言わないなら 何も不満がないと思われるから・・・」
「相手にどう伝えればいいのか 学ぼうよ」
一緒に考えるけど 私の視野や思考は浅くて狭い。
沸点もかなり低くなっているから 以前なら 我慢できたことも今は耐えられない事が増えてきている。

私自身 人付き合いが上手じゃないから アドバイスするのも不安が募る。

信頼できるのか?って思える友人もいるみたいだけど・・・。
娘ちゃんの話を聞いてると ?????マークが 払拭できない。

当たり前だし 仕方がないと思うけど 皆自分がどうしたら 上手く立ち回れるかで 一生懸命に見える。
とりあえず 自分が 仲間はずれにならないように すり減ってるみたいで・・・。
最近の子ども達は 本当に大変そう・・・。
SNSがないと 仲間はずれになるっていうけど SNSがあるならあるで 大変そうだ。
振り回されない ぶれない軸を 育てないと・・・。

1年で1番 自死の多いのが9月1日。
目を離しちゃいけない。
うちの子は大丈夫なんて 思えないのが 恐ろしい。

毎日「行ってらっしゃい」と一緒に送り出す。
「無理だとおもったら 休んでいい 無理だと感じたらすぐに帰っておいで。」って・・・。

今 娘ちゃんの世界は 学校がメインで 学校での人間関係が世界のすべてのように感じるかもだけど・・・。
そんな事ないからね 世界は広い!

生きてれば辛い事も沢山あるけど 楽しい事だって 同じ位あるんだよ。
だから 大丈夫!!
かーさんに出来る事は 少ししかないけど さぁ 今日も 温かい食事を準備して 笑顔で迎えよう。

もう 大丈夫って思える日まで・・・。
育児 2017.01.10 (火)
8日 夫 消防団の初出の日。
   次男 成人式。
   娘ちゃん 吹奏楽部のアンサンブルコンテストの日でした。

何も1年365日もあるのに・・・。
大きな行事は重ならなくてもいいやなんかい?
(アンちゃん心の声)

まっ 夫は大人なので そこまで手は要らないはず・・・。
次男は 長男が真夜中に美容院へ連れて行ってくれて そのまま会場へ・・・。
一度 帰宅して 祖父母 両親 お祝いをいただいた人へお礼を兼ねて 紋付袴姿をみていただいて そのまま 同窓会へ?
(夫の背中をみて育ってしまったので 某過ちをおこしてしまって 同窓会へ参加できませんでした)

写真一緒に撮ったのですが・・・。
本人希望により 前撮りのかっこいい写真を載せてくれとの事なので 写真が出来たらみてやってくださいね。
(やんちゃな写真だろうと母は内心怯えておりますが・・・)


一番大変なのは 娘ちゃんでした。
昨年までは 一度会場まで送ったら よかったのですが・・・。
今年は 新しく来られた先生の方針?でしょうか?
何度も学校と会場を 送迎することに・・・。

楽器を運んだり 子どもを運んだり 演奏を聞きに自分も会場へ・・・。

実は 今回の娘の演奏会 すっごく すっごくとてつもなく不安だったんです。
というのも 先月末に 地区の文化センターで演奏会があった時
娘の学校 ボロボロで・・・。
(会場に音楽大学の院生が来てくれて コンテストに向けての 改善点や演奏についての評価をしてくれるのですが・・・
 あまりにも酷くて 娘の学校にだけ数枚の改善点のレポートが届いたとか・・・。ってか 素人の私がきいても これは危険なレベル?って思える程 酷かったのです)

この子たち 大丈夫なのか?

偶然 会場であった夫の幼馴染の奥さんが 娘の学校の演奏を聞いて絶句。
この奥さん 元吹奏楽部で 娘さんたちも他校ですが吹奏楽部でうまいのです。
あまりに可哀想だったみたいで 一緒に練習させてもらえる事になりました。
家にお邪魔して ほんの数時間でしたが 教えてもらえる事になりました。
娘は 1年生の時 3年生のトロンボーンの先輩からいじめられてて 基礎を教えてもらえていませんでした。
なので基礎が出来てなかったらしく・・・。
今回 はじめて基礎から 教えてもらえました。

12月になると 部活は5時までです。
圧倒的に練習時間が不足しているからと その日から学校まで迎えに行って楽器と娘を運ぶ生活が始まりました。
短い期間でしたが その基礎をたたきこむべく自宅で基礎練習から再度 練習することに・・・。

今迄の独学での口では 音が漏れて とても汚い割れるような音だったのですが・・・。
基礎を 泣きながら練習しているうちに 綺麗な音が出るように・・・。

年末年始 大掃除の合間にも 必死に練習してました。
(どんなに練習していても 大掃除は手伝わせる 鬼母の私です)

IMG_2681.jpg
そのかわり?
仲間にお守り兼願いが叶うというミサンガを作りたいというので 夜なべしてお手伝い。
IMG_2682.jpg
ミサンガですけど 学校の規則もあるので 取り外し可能に・・・。


そして本番。

大きな声では言えませんが・・・。
(なので書きますが 保護者間でも 発表会の再現が恐ろしので 本番行きたくない人の多かったこと・・・)

子ども達が 舞台に上がると 無意識に神様にお祈りするポーズになってる私。


あれ?


あれ? どうしたの? みんなうまくなってる????


本番に強い子ども達?
なんと 見事な演奏をしているではありませんか?
終わると 安堵と感動で涙が止まりませんでした。

更に 見事「金賞」受賞したと・・・。
母娘 号泣しました。


一生懸命頑張る姿 応援できてよかった・・・。
しっかり本番 仕上げてきた子ども達 素晴らしすぎるよ!

金賞とはいえ 中国大会には出られない(上位6位までなので・・・)
通称「ダメ金」と言われるそうなのですが・・・。

「ダメ金」じゃないよ 母さんは感動の嵐だったよぉ~
本当によかったね ありがとぉ~
育児 2016.11.05 (土)
あぁぁぁぁぁぁ めんどくせ~ でも やるしかないしなぁ・・・。
すみません のっけから きちゃない言葉使い・・・。


次男が就職して はや2年目。
仕事を始めたばかりの頃に比べたら 作業着の汚れ方も 気持ち少なくなってきたけれど・・・。
それでも 毎週 工業系のあぶらにまみれた作業着を お風呂場でしっかり別洗いするのでござる。
 ⇒ 新たなる闘いの火蓋?


毎週の作業。
洗う私も どうしたら簡単に早く綺麗になるか試行錯誤してみます。
漬け置きの洗剤の濃度・温度。
洗う時の洗剤の種類・量・水温? 手洗いがいいのか? 長靴で踏んじゃうか?
その甲斐あって? 
以前は30分以上かかっていた作業も 10~15分で終われるようになってきたけど・・・。
やっぱり毎週だと嫌になる事も・・・。

「本人に洗わせたらいいのに・・・。」
何度も 揺らぐのだけど・・・。

奴にさせたら・・・。
きっと「メンドクサイけぇ もうえかろう!」って気持ちが先にたち まだまだ鉄粉やら油が残ったまま 洗濯機にほりこまれるであろう・・・。
と悲しすぎる予想しかたちませぬ。

そうなると・・・。
かなり注意しているのですが それでも お風呂場のタイルの色も変色してきてるし・・・。
洗い場の排水溝のゴミ受け(ステンレス)も 錆はじめてしまってて・・・。
(家を建てて 22年 一度も錆びた事なかったのに 次男が就職してから 一気に錆るようになってきました)

まだ 買い替えてそんなにたってないのに・・・。
洗濯機の中のゴミ受け(?)が プラスチックなのに 茶色の錆がついてしまったのが どうやっても落ちなくて・・・。

自分でいうのもなんですけど・・・。
私があれだけ 頑張って洗っても 残るのだから 次男がやっつけ仕事でてきとーに洗ったものを洗濯機に入れられたら・・・。

きゃぁ~ 想像するのも恐ろしい。
結局 お風呂場・洗濯機の傷むのが 怖いので 私が洗ってしまうのさっ。


そんな私の心の声が 届いたのかどうか わかりませんが・・・。


次男の会社は 本社が大阪にあって・・・。
時々 社長さんが抜き打ちでやってくるそうで・・・。

その際 社長さんが現場をみながら 社員さんの作業着の汚れをチェックするのだとか・・・。

緒事情ある先輩方の作業着は 汚れがすさまじいらしく・・・。
社長がくると 毎回しっかり叱られるそう・・・。
抜きうちでなく 連絡のあった日は わざわざ新品の作業着に着替えて仕事してるとか・・・。


そんな先輩を尻目に 次男はいつも褒めてもらえると・・・。
「○○君(次男) 君は いつも綺麗な作業着 着てるんなぁ 自分で洗ってるんか?」
「いや 母です」
「「ほおぉ ええお母さんやなぁ 感謝しぃやぁ 親孝行せな  毎月 なんか買うタレよ」って言われたって・・・。


・・・。


じーーーーーーーーーーん



お風呂場と洗濯機が傷むのも嫌だし・・・。
作業着への感謝の気持ちもこめて洗ってるけど 最終的には 作業着の洗濯は 私の自己満足の世界で・・・。
母の意地(?)や主婦のプライド(?)だったりもしてるんだけど・・・。


そこを 一国一城の主に そんな風に 言ってもらえるなんて・・・。
主婦の仕事って 何をしても 当り前って思われてるから 褒めてもらえる事は ほとんどないからなぁ。


社員さんの作業着の汚れをチェックして・・・。
洗濯してる人に 心を馳せてくれる社長さんって どんな人なのよ???

「社長さんって何歳位の人?」
「う~ん 母さんと同じ位かな?」


・・・


なんて?



マジで?


えぇ えぇ どえらい偏見ですけど・・・。
同世代の男性で そんな配慮の出来る人がおるなんて・・・。
それを言葉にして 伝えてくれる人がいるなんて・・・。




改めて じーーーーーーーーーーーーーん






我ながら 単純なんですけど 「あぁ めんどくせー」って思える時もその言葉を 思い出したら
「おぉぉ いけん いけん 綺麗にせんと!」って もうひと踏ん張りできますがな・・・。

そんな事言ってくれる(気が付いてくれて 言葉にして伝えてくださる)社長さんの所で 仕事さしてもらえて・・・。
次男 幸せなんだと思います。


ありがとうございます。
これからも次男の事どうぞよろしくお願いいたします。



今日も いいお天気。
庭で 綺麗になった作業着が 風に揺れてます。


おひさまぁ~
最終工程(?) 日光消毒 よろしくお願いしますぅ。


→続きを読む?