夫婦 2017.10.26 (木)
昨日 生協さんの主催でひらかれた 「終活セミナー」行ってきました。

最近 テレビでもよく耳にする「終活」 以前から 興味があったし・・・。
幸い命に関わる病ではなかったものの 義母の体調不良
実家の父の再婚(夫婦の信仰する宗教が違うのも大きな理由の一つ)
知ってるようで 実は意外と知らない事の方が多いのではなかろうかという夫の事
自分自身がおくられる立場になった時 どんなおくられ方をしたいのか?
色々考える きっかけの一つになりました。

夫の従弟のお嫁さんと一緒に参加したのですが・・・。
驚いた事に 出席者は4人。緊張感 倍増に・・・。
でも それが幸いして 最後はマンツーマンで 個人的に教えてほしい内容の話も沢山聞く事ができました。

葬儀の種類や 其々の葬儀の(社葬・一般葬・家族葬など)メリット・デメリット
葬祭コーディネーター1級 事前相談員の違いやその資格について
埋葬の仕方 思い込みによる檀家制度の落とし穴。4

なんとなく ぼんやり 「こうなのかな? こんなもの?」って思ってた内容も・・・・。
実は全然勉強不足で何も知らない事がはっきり分かりました。

葬儀の際の送迎バスについて 無料なんかをうたってる葬儀社は 車の保険をどうしているのかなど
ちゃんと確認した方がいい事なども教えてもらえました。

いざって時。
慌てない為に 葬儀社のいいなりになって高額請求されない為に・・・。

何よりも 大切な家族を 出来るだけ後悔なく 可能な限り本人の希望に添える形で送る事が出来る。
自分が送ってもらえる為にも 事前の葬儀社との打ち合わせなど しっかりしておく事の大切さも知りました。
(連絡しておきたい人に漏れなどないようにする事も とても大切ですよね)

田舎なのですが この辺りは 思いつくだけでも葬儀社が5~6社あります。
某葬儀社の支配人さんが 「何もない時に 色々な葬儀社を回ってしっかり話を聞いてみていてください」って言われてました。

「いい葬儀社とそうでない葬儀社の見分け方を教えてください」って 某支配人さんに 尋ねましたら・・・。
色々教えてくれました。 

エンディングノートを お土産にくださいましたよ。
開いてみて 充実の内容に驚きました。


縁起でもない。
そんな話はききたくもない。
自分の親には言えるけど 義両親には言いにくい。

支配人さんも言われてましたが・・・。
こういう話は 男性の方が 避けたがる傾向にあるそうです。
(私が「終活セミナーに行く」と言ったら 夫は「やめておけ」といい 長男は「まだ早いかろう 行かんでええが」と言いました)

そうは言っても・・・
世界中 どんな人も平等に 致死率は100%
やがて 送り 送られる・・・。
その時 後悔しないために 色々調べて おく方がいいなぁと改めて思いました。

案の定 夫も長男もあまり聞きたくないようで 私の話 きく耳もたない感じでしたが・・・。

出来れば 義両親の胸のうちなど きかせてもらいたいなぁって思いました。
(嫁の立場で聞くのは なかなか勇気が必要なので できれば夫に話をしてもらいたいのですが・・・。 ひょっとしたら ちゃんとしてくれるか気になっているかも?と都合よく想像してる自分も・・・)


最近は 核家族 おひとりさま世帯の増加で・・・。
「跡継ぎ」って言葉も 死語になりつつあるようですし 義両親や夫と同じ墓には 入りたくないとか・・・。
子どもに迷惑かけたくないから「永代供養」(実はこれは 葬儀社の造語で仏教にはない言葉だそうですよ)してもらうとか・・・。
田舎から都会にでて 墓参りも出来ないからと お墓をうつしたり・・・。
(田舎と都会 習慣の違いなどから 葬儀の代金も 100万単位で違うそうですね)
身寄りがなく 直葬され 身元不明のまま 宅急便で送られ お寺さんの共同墓地に埋葬される方なども年々増加しているとか・・・。

そんな話を聞いていると・・・。

家族を送らせてもらえるって 送ってくれる人がいるって・・・。
実は すごくありがたい事なのではないだろうか?
素直にそう感じながら帰宅し・・・。

「まだ早い!」「あんまり聞きたくない」って 現実をみたくないって 夫と息子の顏が・・・。
若干 うれしく感じた私って・・・。

やがて 必ずやってくる その日まで 後悔しないようしっかり生きねばと 勉強せねば・・・。
改めて思った1日でした。

エンディングノート じっくりゆっくり 埋めて行こうと思います。
生協さん  講師の先生方  ありがとうございました。
スポンサーサイト
夫婦 2015.09.15 (火)
愚痴・罵倒文です。
苦手な方は 後日 お越しくださいね。


先週末 伯母の法事がありました。

夫は消防団の関係で 出席できず 私が代理(?)で出席する事に・・・。
冠婚葬祭 夫婦で出席なさってると その関係性が 随所にでてきますよね。

その場だけ どれほど 表面を取り繕ってても・・・。

お互い 何気に思いやりのあるご夫婦は 雰囲気も穏やかで・・・。
なんとなく 幸せでそうな時間が流れてて・・・。
一緒にいても 心地よく・・・。

かたや・・・。
あぁ ここは仲が悪いんだろうなぁと思う夫婦は お互い人様の前でも 平気で罵倒しあってて・・・。
私の勝手なイメージですけど 周囲に暗雲たちこめてるようで こわし・・・。

以前の日本なら・・・。
男性というだけで 上から目線で偉そうに ふんぞり返って女性蔑視の言葉を口にするのが男の権威(?)。
とりあえず 女性なり妻なりを人前で 馬鹿にしても当たり前(?)だったのかもしれませんが・・・。

時は流れ・・・。
今の時代 根本的な思想に変化はないのかもしれませんが・・・。
男性というだけで 人を馬鹿にしたような発言してる年配の方をみてると・・・。

すっごく感じ悪い。


酒癖の悪い人に その人の身内が迷惑してるのに・・・。
「まぁ ええが 家では飲ませもらえんのんじゃろ~ 今日はのみゃーええが」と何度もお酌し・・・。
酒癖の悪さが出て来たら「まぁ あの人酒癖が悪いんなぁ」と馬鹿にした目で見つめ 「それ以上飲まさないで」と言ってた家族に後始末させる調子のいい奴には 心底 腸が煮えくりかえります。
「やめてくれ」と言ってるのに 「まぁ ええが」と飲ませたのはあなた!
「責任取れや!責任とって ちゃんと静かに寝かせていけや!!」

大トラになっても その場だけの人はいいよ。
その介抱させられる家族の迷惑。

ほんと無責任すぎて・・・。
許されるなら 顔面に蹴りを数発 おみまいしたくなりますわな・・・。

「酒は飲んでも 飲まれるな!!」

日本の「飲みすぎてのミス」ってなんで あんなに軽いんだろう?
「酒の上でのミス」って 気のせいでなければ どこか かっこいいとでも思ってるんじゃなかろうか?って感じる時もあって・・・。


一度 ミスしたら 二度と飲み過ぎないようにしようとか・・・。
一度 迷惑かけたら 二度と迷惑かけないようにしようとか・・・。

そんな配慮も 反省もなく 何度でも平気で迷惑かける その性根。

偉そうに女性蔑視するんなら 迷惑かけるなや!!
大人なんだから いい加減 節操のある酒の楽しみ方 勉強しろや!
本能のまま 飲みたいだけ飲んで 言いたい放題 やりたい放題 
卑しいわ!!

あっ すみません。
なんか エキサイトしちゃいましたね。

適量飲んで 楽しく終わるなら 大歓迎の酒の席。
でも・・・。
楽しいのは 本人だけ。
周囲はうんざりするような酒の飲み方。

いい歳なんだから そろそろ気がつきなよ。
自分をコントロールできないって 何歳なんだよ?
あなたをみてる 子ども世代・孫世代の冷たい視線 気が付かないの?

その代償は 人からの軽蔑だけでなく 肝臓にも・・・。
それで 身体 壊したって本人は「別にいい」って・・・。

健康って無くしてはじめて それが どれほどありがたい事だったのかって気が付くんだよ。
たまには 病人の言葉に素直に耳を傾けたらどうなんだろう?

健康・信頼・愛情と ひきかえにするほど酒に飲まれたいって もはや アル中だとしか思えない。


「縁」あって夫婦になったんだもん。
お互い傷つけあう言葉よりも 思いやりある言葉を使おうよ・・・。

一緒にいれば お互い腹もたつけどさぁ・・・。
お互い様だもん。

ふと思う。 冠婚葬祭。
うちの夫婦は 周囲からどんな風に見えてるのかしら?

→続きを読む?
夫婦 2015.06.19 (金)
相変わらず学習能力のない私。
先週末から じゃかじゃか動き回って 案の定 身体にとてつもない「G」が・・・。


昨夜 一家団欒 食後に お酒のんだりしながらまったりの最中・・・。

つい口から 「あぁぁぁ 体が重いなぁ 最近 「G」の威力半端ないんじゃぁ~」と呟きましたら・・・。



夫が 口元に 不敵な笑みを浮かべつつ・・・。
 「そりゃ 今の時期は お前が一番 しっかり働かんといけまぁが! 」 



・・・?


なにをいってらっさるの おまえさま?? 




と・・・。
益々 不敵な笑みを口元に 浮かべ 指さされたのは押入れ。



・・・?



「ん? じゃって ○○さん(私)  「水取りぞうさん」じゃろ」
 →  「水取ぞうさん・・・」






・・・・。



おほほほほほほほ 殴ってもいいですよね 私。









因みに 今年は・・・。
湿気に弱い「プリザーブドフラワー」保存にも 必要ですので 生協さんで・・・。



「みずとりぞうさん」 大容量タイプ 「ダンボールで箱買い」 しちゃったんだよねぇ~ 
しっかり 働こーっと

夫婦 2014.09.16 (火)
先週の日曜日 夫と運転免許証の更新に行って来ました。

年齢・誕生月・更新の年度が偶然運よく重なるので免許更新が二人同時にできるのであります。
免許センターまで 久しぶりに高速に乗っていくのであります。
ぬふふふ 二人でのお出かけはなんだか楽しい。

運転免許証センターは山奥にあります。
(なじぇ? あんな僻地に作ったんだろう?)

山奥ならでは?
広すぎるほどの芝生が植えてある庭で 小さな子ども達が遊んでいます。
秋の風をなんとなく感じながら 快晴の下。
よちよち歩く姿を見ていると 我子を連れて行った記憶がよみがえります。


ほんと・・・。


あの頃は毎日大変だったなぁ・・・
(えっ? そっち?)


一生懸命で若かったなぁ・・・。
(あぁ そっちも・・・)



更新手続き・適正検査も無事 乗り切ると 講習が始まります。
講習では 怖い映像が流れますよね。
今迄は 自分の事として 改めて襟を正す気持ちで見つめていましたが・・・。
子どもたちが免許をとれる年齢になってきたので・・・。
「あぁ これからは 子どもが運転するとなるともっと心配が増えるんだろうなぁ」と 親としても目線にもなりますね。


そんな母の想いをまったく知らない次男君。
昨晩は 卒業してから購入したい車の事を 夫に相談していました。

どうも今時の若者ではない次男。
車やバイクが大好きで 一日も早く免許もほしくてたまらないのですが・・・。
おほほほほ なんと 誕生日が3月末。

母への恨みが言葉の端々に・・・。
(知るかい そんなもん 神様からの授かり物 不満一切受け付けません)

欲しがる車は 燃費が最悪・税金高い・その車幅で田舎の狭い道で乗れるか!? 
様々な条件で ことごとく却下されて行きます。

次男の欲しい車に共感してくれる人は一人もいません。
頼みの綱の彼女ちゃんさえ あっさり却下。

若い間しか乗れないような スポーツタイプかと思えば セダン???
俗にいう「おっさん車」(言葉が悪くてすみません)が欲しいみたい・・・。

燃費や税金・保険も考えて買わないとね
車選び・維持は大変だ。



私が大好きな車はびーとる



(画像はお借りしてきました)

「大人になったら絶対買うんだ!」って思ってたのに・・・。
いざ 自分で乗れる年齢になったら 日本製の軽四買ってました。
所詮 夢より現実をとる性格なんですよねぇ・・・。

さぁ 次男君 半年後 君は無事免許取れるのか?
どんな車に乗ってるんだろうね。
母の祈りはただ 日々 無事故無違反 安全第一。

免許の更新に行って 新たに突きつけられる現実・・・。
あぁ 噂通り親の心配は尽きないものなんだなぁ・・・。

→続きを読む?
夫婦 2014.09.08 (月)
昨日 夫側の伯母の法事に行ってきました。

伯母の死は ついこの前だったように思うのに・・・。
「もう 1年も経つのだなぁ」と時のながれのあまりの早さに愕然としてます。

今回の法事。
器の小ささ炸裂中のまま 挑んだからかなぁ?

なんだろう・・・。
皆 礼服着てるからかなぁ・・・。
正装するからこそ 普段では見えなかったものに目が行ってしまって・・・。

その家の その人の日々の暮らしっぷり(?)みたいな物をビシバシ感じるといいましょうか・・・。
1年前と比べて 明らかに激しすぎる劣化(?)を起こしてる人もいれば・・・。
1年前に時が止まってしまったかのように そのままの人もいて・・・。
1年前の幼かった表情が すっかり大人びていい顔になった若者もいて・・・。

持って生まれた体格は別として・・・。
日々の心がけというのかなぁ?
生活習慣というのかなぁ?

日々 自律した生活を心がけ 丁寧な生活してる人特有の清潔感(?)。
日々 欲望のままの生活を送ってる人独特の不潔感(?)。

今迄は漠然と感じてた何かが言葉となって はっきり頭に浮かんでしまいました。

子どもの時から 父に「20代までは親からもらった顔だけど 40代の顔は自分で作るもの」と言われていて・・・。
昨日は その父の言葉の意味するものが 鮮明に わかった気がしました。

その日 どんなに正装して着飾っても 滲み出る人となり(?)
日々の暮らしを どう過ごすのか 突きつけられた日になりました。

40代 ど真ん中・・・。
人生の折り返し。

思うように動けない身体だけれど・・・。
自分にできる範囲で 丁寧に生活する事を心掛けてこ~!

まずは 今夜の 中秋の名月 
これから先 家族そろってのお月見は何回できるのでしょう?
お兄ちゃんたちが 巣立つ日も遠くありません。

家族でお団子食べながら 移り行く季節を感じ 子ども達との思い出をつくろうと思います。