FC2ブログ

MGかーさんの育児は育自・・・。




柔らかさに決意! :: 2019/11/20(Wed)

玄関のチャイムが鳴ったので 出てみると・・・。

夫の従姉の娘Kちゃんが 二人目の子を連れてきてくれました。
(Kちゃんは 私が嫁いできた時は まだ小学生でした またしても 時の流れを感じます
首が座るか座らないか?
いい感じにふっくらしてて・・・。

Kちゃん:「〇〇(私)さん  二人めのMです。 抱っこしてもらえます?」
私:「うわぁ ほんまに? ええん? ありがとう ちょっと待って 手 洗ってくるけん!」

慌ててを手を洗いに キッチンに戻り 石鹸で綺麗にあらってから いざ!
怖いので 座ってから 受け取ります。
もし 途中で 脱力が来て 落としてしまったらと思うと 体が緊張します。
こちらが 緊張すると 赤ちゃんも 変に体に力が入りますから・・・。
座ってなら 大丈夫だよね?
こちらが ゆったりすると あかちゃんも ふんわり緊張が解けますね。

おおぅ 久しぶりの赤ちゃん独特の匂い 温かさ 柔らかさ そしてずっしり じわじわくる重さ

あぁ もうもう 可愛い!

純粋に ただただ 可愛い!

無条件に可愛い!!

Kちゃん:「他所の子でも そがん可愛いなら 孫できたら どうするん?」
私:「ほんまんなぁ どうするんじゃろ? 自分の子はそうはいかんけど 他所の子は泣いても お母さんに返せばええって思うと 猶更可愛い!」

そんな言いたい放題のおばちゃんの顔を 赤ちゃん(Mちゃん)が じーーーーーーっと見返してきます。
それから 口の形を 変えながら 今にも声を出してくれそうに・・・。
そんなMちゃんの顔を見ながら 出てくる言葉は・・・。
私:「あらまぁ ええ子じゃなぁ Mちゃんゆんかな? 可愛いなぁ そーかそーか 笑ろーてくれるん? ええ子じゃなぁ 可愛いなぁ ほーじゃ ほーじゃ ん? なんか話してくれるん? あーそー まぁ ええ子じゃなぁ 」

冷静な自分に戻ると なんか昔話にでてくるおばあちゃんみたいだな・・・。
我ながら思うけど 口から自然にでてくる言葉。
我が子の小さかった頃が甦ってきますね。

と・・・。
Mちゃんのゆったりしてた顔が 急に 険しい顔? 難しい顔?
次の瞬間 太ももに懐かしい衝撃が。

私:「あれ? 頑張りだしたかも?」
Kちゃん「なんかね この子便秘なんです。最近 綿棒で刺激しないと出なくて・・・」

だから 急に顔が難しい顔になったのね。
お腹をそっと 「の」の字にさすりながら 一緒に
私:「「う~ん」してごらん。そうそう 上手 上手 「う~ん」してごらん 出せ 出せ 頑張れ! えれーもんなぁ そうじゃ 頑張れ う~ん してごらん」

またしても 昔話にでてくるおばあちゃん登場????

一生懸命 顏をしかめて戦ってる様子なので 抱き方も 変えてみましたが・・・。
何度か ガスが出たものの 結局 出せなかったのか 諦めて  うとうとしはじめました。

寝入る前に 10~20分ほど 抱っこさせてもらって Kちゃんに返しました。

赤ちゃんの柔らかさ 温かさ 一瞬で 優しい気持ちになりますね。
抱っこするだけで カサカサしてる 体と心に 潤いが染み渡った気持ちになりました。 
おかげで今日は肌の調子がいいかも?

ただ・・・。
その直後から 恐れていた脱力が・・・。
「あぁ 私 孫の世話できそうにないわ」 実感しちゃいました。


なので・・・。
もし 孫授かったら 機嫌のいい時 数分間だけの抱っこ限定。
一番 いい所だけとる「ふふふふ 都合のいいばーば」になる事 決めました。
(なんじゃそりゃ?)
なんたって 大切な命 万が一にも 落として怪我でもさせちゃ大変だから。

出来る事を出来る時に出来るだけ 必要以上に頑張らない・・・。
人生 開き直る事も大切だ!!
さぁ 今日も 穏やかに暮らせることに感謝して頑張らないで過ごしましょ・・・。


スポンサーサイト



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2