幸せな時間 2015.12.23 (水)
先日 「おばちゃーん 今日 おるぅ? 成人式の前撮りで着物きたけぇ みてくれる?」と・・・。
わが家の東隣に住んでいる長男と同級生の娘ちゃんからLINEが・・・。

この娘ちゃんは 私の母が亡くなったその2か月前に 私の母と同じ病でお母さんを亡くしてて・・・。

この娘ちゃんのお母さんは 私より10歳年上の無口な看護師さん。
それまで お隣さんなのに あまりお話した事はなかったけれど 病院へお見舞に行った時 ご自身の病状がどんなものか はっきりわかっておられたようで 娘さんを残していかねばならない無念さをポツリポツリと話をしてくれて・・・。
その胸中を想像するだけでも こちらの胸まで張り裂けそうで 少しの間一緒に声も出せずに泣いた事は忘れる事ができません。

その姿も重なって・・・。
当時 まだ幼稚園の年少さんだったこの娘ちゃんが とてつもなく愛おしくて まるでもう一人の娘の様な気になってて・・・。

それが 彼女にも伝わってたみたいで・・・。
幼稚園・小学校・中学校・高校 学校行事の際は 私の姿を探してくれてて 遠くからでも私を見つけるとそばに来てはニコニコしながら話をして・・・。

背の高かったご両親の遺伝子を受け継いで・・・
小学校の高学年の頃には 私の身長を越してたので 会うたびに ニコニコしながら背比べしてきて・・・。
「おばちゃん また 小さくなった?」と・・・。
「いやいや ○ちゃんが大きくなったんじゃろ 大きくなりすぎじゃ!!」って笑ってて・・・。

高校生になった時なんかは 息子の懇談に出かけた時に いつもの如く遠くの方から「おばちゃーーーーーーん」って駆け寄って来てくれてか~ら~の~ ハグ!
沢山の友達の前で 若干引き気味の友達の前で またしても「おばちゃん どんどん小さくなるなぁ」と笑ってて・・・。

そんな 謎(?)の関係の娘ちゃん
短大に進学したので 10月には就職先が決まったから おばちゃんに 直接会って 報告したいって 来てくれたりも・・・。



そんな 可愛いもう一人の娘ちゃん(?) 
おばあちゃんと来てくれたので 一緒に写真撮ってもらいました。

背の高い 細身の彼女 モデルさんみたいです。

「ありがとう 綺麗なぁ ほんまん可愛いわぁ 魅せてくれてありがとう」と言いながら・・・。
「あぁ あんなに小さかったのに こんなに大きく綺麗になって・・・。亡くなったお母さん こんなに可憐な晴れ姿 みたかっただろうなぁ」と思うと ついつい泣けて来てしまって・・・。

気がついたら号泣してる私に つられて「おばちゃん 泣かんで うちも つられてうちも泣けてくるけん 化粧はげるけん」って 泣かせてしまいました。


本当にうれしくも 切ない涙でした。

先週 母の命日がありました。
夫にお願いしてお墓参りに連れて行ってもらってて・・・。

母の事を思い出していたんです。
私は30歳直前に母を亡くしたので 母の記憶はありますが・・・。
わずか3歳で母を亡くした彼女には 母の記憶はほとんどないのでは?と思うと またしても・・・。

お父さんは再婚もされず 学校行事・子ども会 できる限り参加されてて・・・。
おじいちゃん・おばあちゃんからも愛されて育った娘ちゃん。
傍からみてても 精一杯の愛情を受けて育ったのだなぁと思いつつも・・・。

これからも ずっとずっと 心の底から 彼女に幸せを願わずにはいられません。

どうぞ 神様 ☆のように 彼女に幸せを降り注いであげてください。
よろしくお願いします。


写真 載せたいけど・・・。
許可もらってないので・・・。
大切にしまっておくことにしますね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yububu.blog88.fc2.com/tb.php/1282-1d0c8611