お出かけ 2016.05.10 (火)
あっ スポンサーサイトでちゃってます。
皆さま 長らくご無沙汰しておりました。

長い間更新できないでおりました間も 来てくださってた方・・・。
メール・LINE 等々 で励ましてくださった皆さま 本当にありがとうございました。


少し鬱気味だった事もあって どうしてもパソコンに向かう気になれなくて・・・。
すっかりネット環境から 遠ざかってしまっておりました。

更に GWは 娘ちゃんからの風邪をがっつりもらってしまって・・・。
病院受診もできないまま 苦しすぎる日々をすごしておりました。

やっとなんとか心身ともに復活の兆しです。

返信等もなかなかできないままで・・・。
本当にすみませんでした。
それでも 見捨てる事なく 温かいお心使い 本当にありがとうございました。

頑張って更新出来たらいいなぁと思っております。





先月 祖母の四十九日・祖父の7回忌が無事終わりました。
IMG_2246.jpg
すっごい田舎のでっかいお家。


父方の祖母が亡くなった時 簡単な家系図をもらいまして・・・。
当時 知らなかった自分の半分のルーツを知り なかなかの衝撃を受けた事が忘れられませんが・・・。

今回 母方の家系図をもらって自分の残り半分のルーツも知る事になりました。
ここでも また 知らなかった(知りたくなかった)衝撃の真実を知ることになりました。


一枚の紙の上に 数代前からのご先祖様の名前 出生日・結婚・子どもの有無・命日 
なんかが簡単にまとめられていて・・・。


その紙の上を 順にたどっていくと
「個人」よりも「家」を大切にしていた時代の家系図には・・・。
「「家」を守る為だろうなぁ」と思われる「養子縁組」だったり「離婚・再婚」があったり・・・。
戦争で大きくその人生を狂わされたであろう家族もあって・・・。



同い年の従兄弟と一緒にたどっていると・・・。
「この家はお前が後を継ぐんだ」と小さい頃から言われて育った従兄弟の表情が どんどん険しくなっていきました。

もーーーーーのすごく過疎の沢山の田んぼと山・・・。
親の代から町へ出ている従兄弟。

今の自分の生活基盤を動かすわけにはいかないけれど 守らないといけない「家を継ぐ」「約束」。


「俺だけで どうにかできる規模じゃない。なんとか手伝ってもらえないかな? 子ども達が 時々来てくれて家に風を通してくれるだけでも助かる。」


・・・・。
小さい頃から この従兄弟の事は大好きで 大人になって結婚してからも 夏休みなんかは 連絡してお互いの家族を連れて祖父母の家に集まって遊んだりしてて・・・。


なんとかできるものなら 勿論 手伝いたいけれど・・・。
自分の事さえ 満足にできない身体の私に何ができるでしょう?

勿論 私の身体の事はわかっているから「子ども達」って言うんだよねぇ
 

「家を守る」「家を継ぐ」「墓を守る」



今迄も それは とても大変だったのだと その家系図をみて想像できたけれど・・・。
今の時代も 複雑で やっぱり大変なんだよね。

従兄弟の代は なんとか 従兄弟が踏ん張ってくれる気がするけれど・・・。
その次の代 従兄弟の息子は踏ん張ってくれるのかな?
その次の次の代は?

踏ん張れなかったとしても・・・。
ただただ もう 見守るしかできないのが 切なくも 申し訳ない。


遺す側・遺される側・・・。


両肩に背負わされる荷物に 自分の限界を超える重さ(想い)があった時・・・。


その荷物を降ろす?
一緒に背負ってくれる人を見つける?


私が考えても仕方がない事だから 考えるのをやめようと思うけれど・・・。
小さな頃 駆け回った 大好きだった人達が大切にしてきた場所。



もどかしいもんだなぁ・・・。









気がつけば 気持ちだけは18歳でも 実年齢は もう人生の折り返し軽く通り過ぎた今日この頃・・・。

親の今後だけでなく・・・。

漠然と自分の終活みたいなものも考えたりもして・・・。
「閉所恐怖症」だから「棺の蓋は可能な限りしめないで・・・」「火葬場じゃなくて野焼きして」(←あほすぎる)なんて言って
「やかましいわ 死んどんじゃけぇ わかりゃーへん すぐにしめちゃるわ」と夫に嘲笑われつつ・・・。


私がいなくなって 子ども達や孫たちが「おばあちゃんってどんな人生歩んできたのかな?」って話をしてるのを想像して・・・。
「ぐふふふふふ ひみつぅ~」って ご浄土で笑ってたかったりして・・・。


あっ そういえば・・・。
私には「これ」という財産ないからなぁ 子ども達に残せるものは「思い出」しかないんだよねぇ・・・。


「いつもしんどそうに寝てたねぇ」って言われるの嫌だよなぁ・・・。


夫にも 子ども達にも・・・。
「しんどそうにしてたけど なんか知らんけど いつも楽しそうに笑ってたなぁ」って思い出してもらいたいなぁ。



さっ 今日も 「一日一笑」ならぬ「一日多笑(?)」で行きましょう 




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yububu.blog88.fc2.com/tb.php/1313-092fad29