未分類 2016.05.25 (水)
一昨日 娘ちゃんが 友達に渡さないといけない物があるからと連絡していたらしいのですが・・・。
昨日 その友達と 学校であえず 帰宅後連絡したものの 連絡が取れず・・・。

仕方がないので 夕飯が終わって8時半頃になってしまったのですけど その子の家まで届けに行くことに・・・。
車で連れて行き 渡す事が出来ました。
そのまま 無事帰宅し自宅の駐車場にとめようとした時。

車の前を 男性高齢者が歩いて行きました。


ん?


なんだ? この違和感?


助手席の娘ちゃんに 
私:「なぁ なんか あのおじいさん 違和感ない?」
娘:「ある! かーさんも?」
私:「うん 怖いけど確認するで ○(娘)にも おじいさん 見えとる?」
娘:「うん 怖いけど はっきり見えとる 見えとるけど なんかなぁ 変?」

失礼なんですけど ライトつけたまま 観察してみたら・・・。

「うわぁ あの おじいさん 靴 履いてない!!」 

・・・。


う~ん まさか? 徘徊なさってる?


ご近所さんならわかるけど 見た事ない人。
放置しておいてもいいのだろうけど 明らかに様子がおかしいし・・・。
ずっと地元に住んでるし 魚店の関係で知り合いも多いから 知り合いかも?と姑さんに電話してみる事に・・・。

すぐに来てくれた姑さんと車で そのおじいさんの後を追ってみたけど 知り合いではないと・・・。

声をかけようか 迷いつつも 違和感強すぎて 躊躇しちゃいます。

とりあえず 地元の交番に電話してみる事に・・・。
交番は留守だったみたいで 警察署に転送されたので 状況を説明すると 
「すぐに 行くけれど 少し時間がかかるので とりあえず後ろをついていってみてくれないか?」と・・・。

「わかりました」と車であとをついて行きました。

徐行しながら あとをついて行くと 携帯に警察から電話がかかりました。
「すみませんが GPSで追いかけたいので 110番してください。」と・・・。

すぐに110番してみたら・・・。
「車に轢かれても困るので 保護してください!!」と・・・。

いやいやいや いくら3人いるとはいえ 相手はどこの誰ともわからない 70~80歳くらいにみえるけど男性だし・・・。
ぬぐいきれない違和感があるから 声かけるのも躊躇してるのに 保護って!!
ポッケからナイフでてくるかもしんないじゃん!!

娘が一緒にいるのに なにかあったら怖すぎる!!
がたいのいい男性警察官の人からみたら 保護 当たり前なんでしょうけど!

「怖いから無理です!」即座に拒否
「でも 後ろをついて行くことだけならします」とこたえ そのまま2㌔ほど 徐行でついて行きました。

「まだかなぁ まだかなぁ そろそろ来てくれるんじゃない?」
「110番しても 案外 時間かかるもんじゃなぁ」
「まぁ 警察署からなら 15分はかかるもんなぁ 巡回してくれてたら えかったけど・・・」
「おじいさん 靴 履いてねぇけぇ 足 痛そうななぁ」
車の中で好き勝手話をしてましたら・・・。

突然 おじいさんが 車が通れない細い路地に・・・。

きゃぁ~ そんなのあり?
急いで少し広い場所に車をとめて 追いかけましたが 複雑怪奇な街灯もない裏路地 
あっさり見失ってしまいました。

スマホで周囲を照らしながら探しますが 見えません。

その時 パトカーが到着? 
赤い光が見えたので 大きな道まで戻って手を振りました。
降りてきた警察官に 状況を説明して 路地を一緒に探したのですが わからなくなってしまいました。

少しの間一緒に探しましたが・・・。
時間もかなり過ぎてしまったので あとは警察の人におまかせして帰る事に・・・。


深夜になって雨が降り始めました。

警察からは 何も連絡が来ませんから その後どうなったのか?
あのおじいさん 大丈夫だったかな?

警察の人に言われた通り 保護しておけばよかったのだろうけど・・・。
一言 声だけでもかけたおけばよかったのかも?とも 思ったけど・・・。
娘も一緒だったから なにかあった時 自分で自分の事が許せなくなりそうだったし・・・。
 
実は 裸足健康法で散歩してるだけで 徘徊じゃなかったのかもしれないけど・・・。
(絶対違うと思うけど・・・)

もし 徘徊だったら・・・。
自分がどこにいるのか わからなくなってしまった心細さって凄まじいと思うし・・・。
家族がいれば 心配でいてもたってもいられないかもしれないし・・・。

超高齢者社会に突入した日本 決して他人事じゃなくて・・・。
どんどんそういう人をみる事が増えてくるかもしれない。

こういう時 どうするのが正解なのかなぁ?
夫や息子が一緒にいてくれたら もっと違う対応できたと思うけど・・・。
なんだか すっきりしないまま 朝を迎えた母娘なのでした。








 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yububu.blog88.fc2.com/tb.php/1320-b0111ed4