FC2ブログ

MGかーさんの育児は育自・・・。




戦争で心が壊れて :: 2013/06/10(Mon)

2013年 本屋大賞をとった「百田尚樹さん」に 今 興味深々です。

少し前になりますが・・・。
日曜日の午後1時30分から放送されている 「たかじんのそこまで言って委員会」に 百田尚樹さんが出てこられて 憲法9条や自衛隊 戦争について語られていました。
戦争絶対反対の立場からの視点で語られる内容 面白い人だなぁと思いました。
そういう人がどういう内容の本を書かれているのか また その方の書かれた本が本屋大賞をとったとなると・・・。
すごく知りたくなりました。


早速 図書館へ行きましたが 1冊もありません。
すべて貸し出し中 しかも 予約数もなかなかの数。

結局 あきらめて どうしても読んでみたかった「永遠の0」の単行本を購入することに・・・。

えいえん 

内容は 当時の日本では許されない「生きて帰る事」にこだわった優秀な空軍パイロット。
そのパイロットが 戦争が終わる直前に 特攻隊として自ら志願して亡くなってしまう。
なぜ 彼は自ら志願したのか・・・。


読み終えなければ 先が気になって何も出来そうになくて・・・。
一気に読み終えてしまいました。

いかに自分が何も考えず 考えようともせず・・・。
何も行動せず 生きてきたのか・・・。

10年前にこの本に出会えていたなら・・・。

時は戻せない。
亡くしてしまった大切な人は 二度と戻ってこない。
とても大切な事を知らないまま これからを生きていくことになるんだと思い知らされた本でした。


益々 彼の作品を全部読んでみたいと思いました。

図書館のPCを検索して 1冊くらい図書館の人のミスでないかな? なんて質の悪い事を思いながら あきらめきれず図書館で百田さんの本を探しますが あるはずもなく・・・。

ならば 別の切り口からと 特攻隊の本を読みたくて 探していたら・・・。

こころ  
敵国兵士の本が・・・。

とはいえ・・・。
この本は第二次世界大戦ではなく ベトナム戦争に行った元海兵隊員さんのお話ですが・・・。
沖縄にも駐屯され 沖縄からベトナム入りなさったとか・・・。
沖縄で なぜ 米兵の暴行が横行するのか なくならないのか 米兵の心理面からの理由が書かれてました。

戦地での体験は 涙で文字が見えなくなる内容ばかりで・・・。
戦争の一番の恐ろしさは 人が人でいること許さない 人としての感情を持っては生きていけない事なのではないかと改めて思いました。

その内容は まさに映画「プラトーン」の世界で・・・。
ほとんど映画を見に行かないのに 友達に「これは見ておかなければいけない映画だと思うよ」と連れていかれて・・・。
約30年も前の映画なのに その残酷すぎる映像は 今でも あまりに鮮明に記憶に残っていて消せなくて・・・。

戦争とは何なのか・・・。
誰が誰の為に 何のために戦うのか・・・。

聖戦なんてものが この世に本当にあるのか? 
国の為 愛する人を守る為・・・。
その美辞麗句の陰にある真実は?

国は国民を守ってくれるなんて幻想をなぜ 今まで持って生きてきたんだろ?とまたしても自分に問いかけたくなりました。




本の後半には
日本の憲法9条改正の動きがあるという話に触れておられたので 「あれ? 最近の本かな?」と 見てみると2006年出版。
ということは 憲法改正の話は・・・。

靖国神社の総理参拝がなぜ 諸外国から 実はアメリカからまで非難されているのか。
アメリカは広島・長崎の原爆を本国でどのように教育しているのか。

興味深い内容が 沢山書かれた本でした。

教育という名のもとに 自分たちに都合のいい思想を持つ人間を育てる事の恐ろしさ・・・。
生まれた時から それが周囲にあれば それは 常識で普通になる。


自分が今まで 見ていた世界が急に まったく違う世界に見えてくるような 不思議な感覚がずっと消えない そんな本でした。

スポンサーサイト



テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. | trackback:0
  2. | comment:12
<<プリザーブドフラワー講習会 | top | ありゃまぁ・・・。次の変化は?>>


comment

だから。

知ることは大事。教わるだけでなく自ら知るコト。 一箇所からの見方でなくウラ側から斜めから。
…ほら、正義が分からなくなってきた。主義主張なんてものはその人なり 国の価値観でしかなく その主義主張を強要された側にとってそれはただの悪でしかない
  1. 2013/06/11(Tue) 14:21:00 |
  2. URL |
  3. ゆう。 #-
  4. [ 編集 ]

お!偶然!!
私も少し前にこの本 友達に勧められて借りて読んだ!
読書好きではない私
この厚さに初め怖じ気づき
読み始めても 戦争の話が続いて挫折しそうになった時 話が展開し始めて
そのあとは夢中になって読み終えました!
最後は熱いものがこみ上げてきましたねぇ
何とも無念な感が残りました…
なんか、最後に深い言葉が書いてあったよなぁ…忘れちゃったけど(残念)

プラトーンは 人生初デートで出かけて
あんまりにも残酷な内容で
なぜデートに(>_<)と今でも思う(笑)
けど 事実を知る上では必見とも言えるかも。
活字だけでは想像出来ない
二度と起きてはいけない事実だから…
  1. 2013/06/11(Tue) 14:43:28 |
  2. URL |
  3. ぴよっちょ #-
  4. [ 編集 ]

Re: だから。

ゆう。さん v-238 ありがとうございます。

> 知ることは大事。教わるだけでなく自ら知るコト。 一箇所からの見方でなくウラ側から斜めから。
そうですね。
物事もみるには 知るには 多角的な面から見ることって大事だと思います。e-284

> …ほら、正義が分からなくなってきた。主義主張なんてものはその人なり 国の価値観でしかなく その主義主張を強要された側にとってそれはただの悪でしかない
う~ん ごめんなさい。
今一 ゆう。さんの真意がつかめないので見当はずれな返信をしてたら・・・。 
私は 正義かどうかは のちの世になって初めて判断できる事なのかもと思ってる所が多いです。
すべての情報が正しく入ってくる可能性も とてつもなく低いだろうし 立場によって正義も変わってくる。
私レベルの浅はかな知識では 正義なんてわからない。
ただ 子どもの世代 孫の世代が 人を殺さないでほしい 人から殺されないでほしい。
戦争であれ 原発であれ 本能的な勘だと笑われても 子どもの未来を暗黒に変えそうな物には嫌悪感を覚え 排除したいとは思います。 
その為の活動は 細々でもできる事をしたいと思ってます。e-271
  1. 2013/06/11(Tue) 15:10:26 |
  2. URL |
  3. アンパンウーマン(MGかーさん) #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ぴよっちょ☆さん e-415 ありがとうございます。

> お!偶然!!
おっ そうなのe-266

> 私も少し前にこの本 友達に勧められて借りて読んだ!
そうなんだぁ~ なんかめちゃめちゃうれしいかもぉ~e-328

> 読書好きではない私
えっ ぴよっちょ☆さん 本嫌いだったの?e-451

> この厚さに初め怖じ気づき
確かに 本嫌いな人には あの太さは迫力あるかも・・・。e-330

> 読み始めても 戦争の話が続いて挫折しそうになった時 話が展開し始めて
> そのあとは夢中になって読み終えました!
でしょ!でしょ!
もう 先が気になって何も手につかなくなるよね。e-284

> 最後は熱いものがこみ上げてきましたねぇ
うん うんe-452
だーだー泣きながら読んでたe-452

> 何とも無念な感が残りました…
うん 同感e-284
最後まで生き残る事にこだわってほしかったけれど・・・。
最後にその選択をされた事の心の動きを想像するだけで・・・e-452

> なんか、最後に深い言葉が書いてあったよなぁ…忘れちゃったけど(残念)
おりょ・・・。
そっ そうなの?e-330
確かに それは 残念かもe-350

> プラトーンは 人生初デートで出かけて
> あんまりにも残酷な内容で
> なぜデートに(>_<)と今でも思う(笑)
うわぁ 人生初のデートでプラトーンかぁ・・・。e-447
それは 確かに 相当な重さだよねぇ・・・。e-350
私は 親友に連れられて行ったけど 見た後 二人とも言葉が見つからなかったもんなぁe-350

> けど 事実を知る上では必見とも言えるかも。
> 活字だけでは想像出来ない
うん 確かに!e-284
活字だけで想像しようとしても自分の経験した世界しかないから 限界あるし・・・。
映像はすごいよね。
忘れようとしても 記憶にしっかり焼き付いて 30年の時を経ても色あせもせずe-330
実際 その場で命に危険にさらされてた人は もっと強烈なんだと思うと・・・。e-350

> 二度と起きてはいけない事実だから…
うん。
絶対に戦地に 子ども達を送っちゃいけない。
子どもたちに 人を殺させてはいけないよね。e-269
  1. 2013/06/11(Tue) 15:40:04 |
  2. URL |
  3. アンパンウーマン(MGかーさん) #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

『永遠の0』、2年ほど前でしょうか、書店で見かけて、手にとってはみたのですが、棚に返しました。でも、アンパンウーマンさんのコメントを読んで、読んでみたくなりました。

>戦争とは何なのか・・・。
>誰が誰の為に 何のために戦うのか・・・。

このことを、一人一人が真剣に考えるならば、「戦争のできる国にしよう」なんて思う人は、少なくとも一般庶民にはいなくなるのではないかって思えてきます。


>国の為 愛する人を守る為・・・。
そういうのは、後からくっつけた口実ですよね。
「武器を売って、金儲けをしたいから」、なんて言ったら、うまくいかないのは分かっているから。


色々と巧いことを言ってきますが、アンパンウーマンさんの上のコメントにあるように、
>絶対に戦地に 子ども達を送っちゃいけない。
>子どもたちに 人を殺させてはいけないよね
その思いはどんなことがあっても放さず、投げ捨てずにいきたいですね。
  1. 2013/06/11(Tue) 21:20:45 |
  2. URL |
  3. 愛希穂 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!
情報を得ることの意義・・・大事なことですね。
ご紹介された本をぜひ読んでみたいと思います。

記事、そして、コメントを拝見させて頂き、
物事の判断基準の難しさを思い知らされます。
ただ、尊敬出来る方々の意向を取り入れることで
良いかなと思い、そのようにしています。
その1番は父ですが・・・。
  1. 2013/06/12(Wed) 00:04:02 |
  2. URL |
  3. kanmo #T9XEJVis
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

愛希穂さん e-415 ありがとうございます。

> 『永遠の0』、2年ほど前でしょうか、書店で見かけて、手にとってはみたのですが、棚に返しました。でも、アンパンウーマンさんのコメントを読んで、読んでみたくなりました。
あっ そうなんですね。e-446
実は 私も出たばかりの頃 読んでみたいなぁと思いつつ 放置していたんです。e-449
今回 我慢できずとうとう購入してしまいました。e-351

> >戦争とは何なのか・・・。
> >誰が誰の為に 何のために戦うのか・・・。
> このことを、一人一人が真剣に考えるならば、「戦争のできる国にしよう」なんて思う人は、少なくとも一般庶民にはいなくなるのではないかって思えてきます。
そうですね。
最近でこそ 金持ちの為とはっきり分かるようになりましたが・・・。
戦前の日本では そんな情報が流されるはずもなく・・・。e-330

> >国の為 愛する人を守る為・・・。
> そういうのは、後からくっつけた口実ですよね。
> 「武器を売って、金儲けをしたいから」、なんて言ったら、うまくいかないのは分かっているから。
そう思います。
とはいえ 第二次世界大戦後に 異国の戦争で日本も経済発展したんだという事実もあるんですよねぇe-330

> 色々と巧いことを言ってきますが、アンパンウーマンさんの上のコメントにあるように、
> >絶対に戦地に 子ども達を送っちゃいけない。
> >子どもたちに 人を殺させてはいけないよね
> その思いはどんなことがあっても放さず、投げ捨てずにいきたいですね。
はい。
そこは絶対に譲れません。e-284
「戦争で・・・」の筆者 「アレン・ネルソン」さんは 貧困からの脱出の為に兵士になり戦場での体験からPTSDになり その後 家族からも見捨てられたそうなんです。
今 アメリカでは 奨学金を免除してもらうために兵士になる若者が多いとか・・・。
若者に就職先がなく 正規労働者になれないと…日本でも同じような状況になるかもしれないと思うと・・・。
戦争のできる国にはしないでほしいです。

戦争できる国にしようと躍起になってる人ほど 自分は絶対に戦争にいかない立場にいますよね。e-442
  1. 2013/06/12(Wed) 13:08:44 |
  2. URL |
  3. アンパンウーマン(MGかーさん) #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

kanmoさん v-238 ありがとうございます。

> 情報を得ることの意義・・・大事なことですね。
そうですね。
何も考えない事こそ 権力者の思う壺なんだと 改めて・・・。e-351

> ご紹介された本をぜひ読んでみたいと思います。
ありがとうございます。
もう1冊「ネルソンさん あなたは人を殺しましたか?」って本も書かれていまして そちらも読んでみなければと思っています。e-269

> 記事、そして、コメントを拝見させて頂き、
> 物事の判断基準の難しさを思い知らされます。
同じ世代・土地に住み 同じ釜の飯まで食べているのに 私と主人では 原発一つとっても意見がまったく違うんです。
色々な人の意見があるんだなぁとしみじみ感じています。e-330

> ただ、尊敬出来る方々の意向を取り入れることで
> 良いかなと思い、そのようにしています。
> その1番は父ですが・・・。
そうなんですね。e-446
そう言われてみたら 私も無意識 あるいは意識して そうしている所あると思います。
そのほうが 楽だったり 生きやすい環境になる時は 他所の矛盾は無視しているかも・・・。
または 本能でそう感じる時など 無茶無茶頑固になる時も・・・。e-330
  1. 2013/06/12(Wed) 14:01:59 |
  2. URL |
  3. アンパンウーマン(MGかーさん) #-
  4. [ 編集 ]

知るって辛いけれど大事!

アンさん、こんばんは。
お勧めの百田尚樹の本リクエストしました。
凄い人気です。600人待ちです。
「海賊と呼ばれた男は」待ちが2000人弱、1900人台でした。
過去最高記録です。

記事にされた本は、未読ですが手紙を送ります。
20年ぐらい前でしたでしょうか?湾岸戦争がありましたね。
戦地から遠く離れた地から攻撃し現実味が無いと言われてました。
まるでテレビゲームのようだと。
ですが、今でも米国兵士は直接戦地に行かずとも傷つきPTSDで多く人が亡くなっているそうです。
敵か民間人か分からないままに遠隔操作で攻撃し、直接見ることはなくともビデオカメラで、サーモグラフィーで倒れていく人をーー見てるーーのだそうです。
除隊時には表彰され、表彰状には何人殺したか書かれてるそうです。
以上は最近聴いたTBSラジオで北丸雄二さんの話で知りました。

奨学金を得る為に戦場に行く若者、そして兵士としてでは無く人材派遣で戦場に行く人もいるそうです。どちらも経済的な理由で志願兵となったんですよね。
生活が苦しい人達が戦場に送られている訳です。
これは古くから行われてた方法で、奨学金名目で若者でない年配も志願兵として戦場に送られてきました。
戦場、軍隊には“Yes,sir.”と“No,excuse”だけが言える言葉だとも聞いてます。
そんなところに子供を、夫を送り込んではいけないとおもいます。

どうしたらこの流れを変えられるでしょうか?
私は、やはり憲法…大事だなと思います。
憲法は権力者を規制、縛る法律なんですって。
学校で習ったのは私たちが守るのが憲法と記憶してましたが違うようです。
  1. 2013/06/12(Wed) 23:53:43 |
  2. URL |
  3. しほ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 知るって辛いけれど大事!

しほさん e-415 ありがとうございます。

> お勧めの百田尚樹の本リクエストしました。
あっ 早速ありがとうございます。
百田さんの本もですが ネルソンさんの本も おすすめです。e-328

> 凄い人気です。600人待ちです。
600人ですか?
ひゃぁ~ この辺とはケタが違いすぎますねe-451

> 「海賊と呼ばれた男は」待ちが2000人弱、1900人台でした。
> 過去最高記録です。
えっ 2000!!e-451
そうなると 何年待ちに?
届く頃には 予約した事忘れそうな数ですね。e-330

> 記事にされた本は、未読ですが手紙を送ります。
全然問題ありません。ありがとうございます。e-328

> 20年ぐらい前でしたでしょうか?湾岸戦争がありましたね。
> 戦地から遠く離れた地から攻撃し現実味が無いと言われてました。
> まるでテレビゲームのようだと。
ありましたねぇ・・・。
まるで 花火のような光が届く中 多くの人が家を家族を命をなくしてるって 思えないような・・・。
911の時も速報で映像が流れても 最初は映画のワンシーンかと思いましたもの・・・。
本当のテロだと 頭が理解するまで しばらく時間がかかりました。e-330

> ですが、今でも米国兵士は直接戦地に行かずとも傷つきPTSDで多く人が亡くなっているそうです。
> 敵か民間人か分からないままに遠隔操作で攻撃し、直接見ることはなくともビデオカメラで、サーモグラフィーで倒れていく人をーー見てるーーのだそうです。
確か 特ダネ!だったと思うのですが・・・。
その映像みました。e-284
金髪の若い兵士が 朝 綺麗な奥様と子どもとキスをして出勤し 機械の前で 人を殺し 町を破壊し 定時になったら 何事もなかったように帰宅し また 家族と過ごしている。
平和な日常の映像が 余計 恐ろしくて その兵士の顔 今でもはっきり覚えています。e-350

> 除隊時には表彰され、表彰状には何人殺したか書かれてるそうです。
> 以上は最近聴いたTBSラジオで北丸雄二さんの話で知りました。
ラジオでも 流れていたんですね。e-330

> 奨学金を得る為に戦場に行く若者、そして兵士としてでは無く人材派遣で戦場に行く人もいるそうです。どちらも経済的な理由で志願兵となったんですよね。
アメリカの歴代大統領で 戦争しなかった大統領は一人もいないんですよね。
アメリカの歴史が始まって以来 戦争していない時はない・・・。
いくらでも兵士が必要なアメリカ。
「戦争で・・・」の筆者のネルソンさんも 経済的理由から志願された お一人です。e-350

> 生活が苦しい人達が戦場に送られている訳です。
> これは古くから行われてた方法で、奨学金名目で若者でない年配も志願兵として戦場に送られてきました。
> 戦場、軍隊には“Yes,sir.”と“No,excuse”だけが言える言葉だとも聞いてます。
長男の大学受験の事もあって 今の奨学金制度について 色々調べているのですが 日本の奨学金制度にも 沢山の問題があって・・・。
最近は大学を出ても正規社員になれなくて 奨学金を返せなくて 30代・40代になって訴訟問題にまで進んでしまうケースが増加してきたとか・・・。e-350
親の経済力も疲弊し 奨学金は簡単に借りられるようになったので 借りる人が増えたものの 返せない。
憲法9条が改正されて 戦争ができる国になってしまえば 日本でも 選択の余地なく戦場に送られるのでは? 対岸の火事じゃなくなる日が来るんじゃないかと思っていて・・・。
学校の先生も主人も気楽に奨学金について 「借りればいい」と言っているのですが 私は「社会に出る前から大きな借金を抱える事になるってよく考えなさいね」と言っているのですが 長男にはなかなか届きません。
多くの未来ある若者の命の上で武器商人が笑ってお酒飲んでるのに・・・。。e-443

> そんなところに子供を、夫を送り込んではいけないとおもいます。
全くの同感です!e-271

> どうしたらこの流れを変えられるでしょうか?
参議院選で 流れが変わればいいと思うのですが・・・。e-330
このネルソンさんの本を読んで 初めて知ったのですが 憲法改正は2006年には 政治家の間ではすでにあって民主党政権で一時中断されただけで その間 脈々と計画されていたのではと思うと・・・。e-350

> 私は、やはり憲法…大事だなと思います。
私も思います!e-269

> 憲法は権力者を規制、縛る法律なんですって。
> 学校で習ったのは私たちが守るのが憲法と記憶してましたが違うようです。
あっ そうなんですよね!e-284
私もそう思っていて 主人とも夜中にバトルになったのですが・・・。
(主人は憲法改正派・原発容認派)私は(憲法改正はもっと慎重にすべき派:原発は即時廃止派)なので話がまったく合わないので よくバトルになるのですが・・・。
国民投票の話になった時も 二人して相当熱くなっていたのですが・・・。
その翌日でしたでしょうか・・・。
ある方のブログでそのこと教えていただいて腰が抜けそうになりました。e-350
  1. 2013/06/13(Thu) 11:26:41 |
  2. URL |
  3. アンパンウーマン(MGかーさん) #-
  4. [ 編集 ]

紹介です。

アンさん、こんにちは。
再度お邪魔します。

2006年にはもう憲法改正案が作られたんですね。
当時、野党だった自民党は自由自在に願望・野望を形にしたんだと思います。
昨日聞いたポッドキャスト良かったので紹介させて下さい。
アンさん、内田樹は嫌いかしら?
関西のMBSラジオの「辺境ラジオ」何回も聴いてしまいました。
このラジオは現在の状況・考えを整理出来る内容です。
良かったら聴いてみてくださいませ。

http://www.mbs1179.com/henkyo/
MBSラジオ1179ポッドキャスト | 内田樹&名越康文の 辺境ラジオ

憲法を変える事と徴兵制はセットではないですか…?
何だかあやしいです。
多分きっとすぐでなくても、いずれセットで出てくる気がしてなりません。

米国は1948年生まれの人まで徴兵されてました。
高校卒業したらすぐに、大学進学する人は大学卒業するとすぐに、中退した人は中退した時に徴兵され4年間軍隊にいなくてはならなかったんです。
偉い人の親族は危険な戦場には行かずに済んでいたそうです。
例えばブッシュ元大統領(息子のほう…911の時のほう)はナショナル・ガードと呼ばれる所、つまり米国内で兵役を過ごしたそうです。
今は徴兵制が無いので経済的困窮者が戦場に行ってる訳ですね。
人の価値が人生が、お金で決められるのって理不尽でよね。
  1. 2013/06/14(Fri) 11:43:12 |
  2. URL |
  3. しほ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 紹介です。

しほさん e-415 ありがとございます。

> 2006年にはもう憲法改正案が作られたんですね。
ネルソンさんの本に書かれていて そのことを知りました。
自分の国に何が起きているのか 知らずに異国の方が憲法9条を大切にするべきだと・・・。
読んでいて はずかしくなりました。e-449

> 当時、野党だった自民党は自由自在に願望・野望を形にしたんだと思います。
じわじわと計画をたてて 国民が気がついた時にはって作戦なんですよね。e-330

> 昨日聞いたポッドキャスト良かったので紹介させて下さい。
ありがとうございます。e-266

> アンさん、内田樹は嫌いかしら?
いえ あの 正直 どういう方なのか 全く・・・。e-449

> 関西のMBSラジオの「辺境ラジオ」何回も聴いてしまいました。
> このラジオは現在の状況・考えを整理出来る内容です。
> 良かったら聴いてみてくださいませ。
そうなんですね。
何度も聴きごたえがあるって事なんですね。
はい!
是非とも 聞かせていただきます。e-271

> ↓
> http://www.mbs1179.com/henkyo/
> MBSラジオ1179ポッドキャスト | 内田樹&名越康文の 辺境ラジオ
ご紹介 ありがとうございます。
名越さんといえば 心理学の?

> 憲法を変える事と徴兵制はセットではないですか…?
> 何だかあやしいです。
私もそう思います。
怖いです。
ただ 今の憲法だと 一方的に武力で占領された時 侵略された場合 どうなるんだろう?って不安もあります。
スイスのように 攻め込まれた時 国民が一丸となって守るという事も 必要なのではと思う時もあって・・・。e-350

> 多分きっとすぐでなくても、いずれセットで出てくる気がしてなりません。
そこなんです。e-284
そこが恐ろしくて もし変えるのであれば 慎重に変えるべきなのではと・・・。
まだまだ 私には 見えていない大きな黒い闇があるのかもしれません。
しっかり勉強したいと思っています。e-330

> 米国は1948年生まれの人まで徴兵されてました。
そうなんですねe-350

> 高校卒業したらすぐに、大学進学する人は大学卒業するとすぐに、中退した人は中退した時に徴兵され4年間軍隊にいなくてはならなかったんです。
そして そのまま 最前線に・・・。
運良く帰国できたとしてもPTSDに・・・。e-447

> 偉い人の親族は危険な戦場には行かずに済んでいたそうです。
やっぱり・・・。
そこは いつの世も相変わらずなんですね。e-442

> 例えばブッシュ元大統領(息子のほう…911の時のほう)はナショナル・ガードと呼ばれる所、つまり米国内で兵役を過ごしたそうです。
> 今は徴兵制が無いので経済的困窮者が戦場に行ってる訳ですね。
> 人の価値が人生が、お金で決められるのって理不尽でよね。
本当に悔しい現実が世界中で起きているのだと思います。
ならば 人生の勝ち組になればいいのだと親の力で逃れていた者が まるで 自分の力で逃れたように錯覚し それが当然の事なのだと思い込み また 同じ事を繰り返す・・・。
日本の政治家も全く同じ事してますよね。
理不尽 極まりないと思います。e-442
  1. 2013/06/15(Sat) 12:51:52 |
  2. URL |
  3. アンパンウーマン(MGかーさん) #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yububu.blog88.fc2.com/tb.php/900-9bdcd647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)