FC2ブログ

MGかーさんの育児は育自・・・。




「格差社会」を乗り超える子どもの育て方 :: 2013/08/29(Thu)

我が家の長男は 高校3年生・次男は高校2年生。
夏休みの最初にあった懇談で 「進路」について 先生から「親御さんはどう思われますか?」と聞かれました。

息子達には 「何かしらの物理的・金銭的な制限はあるけれど 自分の行きたい道を進んでほしいと思っています」と答えました。

が・・・。


息子たちには 自分の将来のビジョンがない。
漠然とでもあればいいけれど何もない・・・。

けど 自分の事を振り返っても・・・。
なりたい職業はあったけれど 当時 原因不明の足の疾病の為 進める道も限られていたこともあって 私自身の高校時代を思い出しても 同じような物だった気が・・・。


ただ・・・。


私が高校生の頃と今では 全然 社会の状況が違ってる・・・。
「一流大学に入れば その後の人生は安泰だ」
「なんでもいいから資格をもてばなんとかなる」
「働く気さえあれば どこかしらもぐりこめる」
「正社員になれれば安泰だ」

そんな風に言われていたけれど・・・。
今は どれも危うい・・・。
テレビや新聞を見れば 学校を出てすぐに「正社員」にならないと 「正社員への道は閉ざされてしまう」とか「一度落ちたら 這い上がれない」とか「格差社会」の「格差」は日々大きくなっているような・・・。
正社員になれない男性は 経済面もあって結婚に踏み切れないとか・・・。
反対に高学歴・高収入の女性は それがネックで結婚しにくくなったりしてるとか・・・。

そこを政治家さんは「自己責任」「自助努力」って言葉で片付けてしまうけど・・・。
生まれ落ちた環境だったり 親の思想・教育 持って生まれた資質・能力・障害・疾病 もしくは自然災害だったり・不慮の事故だったり 自分ではどうにもならない所で 「社会的弱者」になってしまう人もいるわけで・・・。

自分が難病患者になってしまった私としては・・・。
「いつ自分が 社会的弱者になってしまうかわからない」って事が常に頭にあるだけに 尚更 親世代も 全然先が見えない・・・。
なので 相談されても「うん それなら安心かもね」って答えさえ持てない。

そんな今なので 少しでも自分の考えがまとまればいいなぁと思いまして・・・。

格差社会 (画像はお借りしてきました)

図書館で借りて読んでみました。


・・・。

うん そう思う!って内容でした。
(すみません ざっくりしすぎ?)

大切な事 沢山書いてある本でした。
今の日本が 抱える問題も 沢山書いてありました。

ただ・・・。
読みやすい文章なので 油断すると さらさら読み終わってしまうのですが・・・。
それじゃ ダメじゃん。

もう一度 気になる文章を書き出して しっかり読み込んでみなきゃ・・・。



最後に 本の内容とは関係ないのですが・・・。

私は 息子たちには 出来れば 地元で地元を支えてほしい。
親のそばにいてほしいと思っています。

長男は 先生から 今の時代 世界に目を向けて 世界で通用する人間に 世界で活躍できる人間に・・・。
少子高齢化の日本で 国内だけに目を向けては 生き残れないと言われて どこかでそんな覚悟をしてる風に見えるのですが・・・。

だからって 若者がこぞって 都会へ 世界へ出て行けば 益々 日本中 限界集落だらけになってしまうじゃないか!!

日本を 地元を 大切に 誇りを持って生きてくれる人生になってほしいなぁと思うのです。

スポンサーサイト



  1. | trackback:0
  2. | comment:10
<<子宮頸がんワクチン接種中止署名のお願い | top | 夜中の細ゴリラ?>>


comment

こんばんは。

この本、私も読みました。お薦めの本ですよね。私は先ほど書いた記事を読み返したのですが、いまいちまとまっていませんでした。とりあえず、こちらに書いています。 http://godlovesyou1225.blog.fc2.com/blog-entry-1283.html

「格差社会」を政治家達は「自己責任」という名で片付けようとしますが、結局は自分たちの無政策、無責任なんですよね。

 すぐには変わらないと思います。だからこそ、子供達がこういう社会はおかしい、と感じられる、そう言えるようになればと思います。

>日本を 地元を 大切に 誇りを持って生きてくれる人生になってほしいなぁと思うのです。
 私もそう思います。まずは自分の住む国からだと思います。

今すぐにはビジョンがないとしても、これから生きていく中で、きっと何か見つかるのだと思います。それを見守っていきたいですね。
  1. 2013/08/29(Thu) 20:47:13 |
  2. URL |
  3. 愛希穂 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

いまや、二言目には世界を、って言うけど、国内も支えきれないで世界にばかり目を向けてどうなのよ?って思います。

今の若者にとって、選択肢は増えたものの、それだけ安定性や確実性がなくってきている時代。
誇りだけでは食っていけないかもなのだけど、それでも大切にしてほしいものがあります。

いまどきの若者にそんなこと言っても、通用しないのかな。

寂しい時代になったものです。
  1. 2013/08/29(Thu) 21:59:07 |
  2. URL |
  3. おやぢパパ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

愛希穂さん e-415 ありがとうございます。

> この本、私も読みました。お薦めの本ですよね。私は先ほど書いた記事を読み返したのですが、いまいちまとまっていませんでした。とりあえず、こちらに書いています。 http://godlovesyou1225.blog.fc2.com/blog-entry-1283.html
ありがとうございます。e-328
おぉぉぉ さすが愛希穂さん いえいえ とんでもないです。
そうなんです! 愛希穂さんも書かれてますが・・・。
私も「格差社会」ってこんなものだろうって おぼろげなイメージしかなかったのですが この本を読んで そのなんたるか・その弊害まで しっかり理解できました!!
見事にまとめてあると思いました。e-266

> 「格差社会」を政治家達は「自己責任」という名で片付けようとしますが、結局は自分たちの無政策、無責任なんですよね。
そう思います。小泉政権で一気に進んで 皆がなんとなく「自己責任」って言葉を当たり前のように 洗脳されてしまった気がします。e-330

>  すぐには変わらないと思います。だからこそ、子供達がこういう社会はおかしい、と感じられる、そう言えるようになればと思います。
そうですね。
政府がマスコミを使って見事に刷り込みをしているのではなかろうか?と思います。
原発事故で マスコミは平気な顔で スポンサーの都合のいい事しか報道しないんだなぁって身に沁みました。e-447
あれ以来 子ども達に 報道で流されても 真実どうか 正しい事なのか そのまま素直に信じるなと伝えています。e-317

> >日本を 地元を 大切に 誇りを持って生きてくれる人生になってほしいなぁと思うのです。
>  私もそう思います。まずは自分の住む国からだと思います。
共感してくださって ありがとうございます。

> 今すぐにはビジョンがないとしても、これから生きていく中で、きっと何か見つかるのだと思います。それを見守っていきたいですね。
そう思います。
この本の中で 最近のお母さんは 子育てを短いスパンでみていると書かれてて・・・
子どもが38歳になった時 どんな生活をしているのかイメージしてみてくださいって感じの事を書かれていたのですが・・・。e-451
その言葉にはっとしました。
私も 卒業・就職までが 子育てのMAXみたいに思っていた所 確かにあって・・・。
そのスパンだと どうしても 詰め込まねば 速く早くしっかり もっともっと頑張れと叱咤激励の日々になってしまうなぁと・・・。
自分が その年齢になって 子育てしながら気が付いた事 子どもから教えてもらった事とか 沢山あって やっと 大人になれたんじゃないかなと思う事も・・・。
とはいえ 現状の日本を見て 不安もひしひしと・・・。
自分の中にも 子どもの中にも 本当の意味での「自主性」を伸ばし「自立」をさせることの大切さ 実感しました。e-449
  1. 2013/08/30(Fri) 10:58:29 |
  2. URL |
  3. アンパンウーマン(MGかーさん) #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

おやぢパパさん v-238 ありがとうございます。

> いまや、二言目には世界を、って言うけど、国内も支えきれないで世界にばかり目を向けてどうなのよ?って思います。
あっ おやぢパパさんもそう思われますか!!
嬉しいなぁ・嬉しいです。
自信をもって子どもに言える気がしてきました。e-271

> 今の若者にとって、選択肢は増えたものの、それだけ安定性や確実性がなくってきている時代。
本当にそうですね。
職業選択の自由も大切とは思いますが そのせいで 日本の大切なものが次々 無くなってしまったり・・・。
お金儲けできなければ 価値がないかのような・・・。e-350
なんでも 機械化され過ぎて プロの技ってものがどんどん失われていて その人にしかできない仕事って物の価値をもう一度見直すことも大切なんじゃないかなと思うように・・・。e-351

> 誇りだけでは食っていけないかもなのだけど、それでも大切にしてほしいものがあります。
同感です。
恥を恥と思わない。
自分さえ楽しければ 後はどうなっても構わないって行動のツケが どんなに大きいのか・・・。
(政治家や大企業のトップ・官僚が こぞって「権力さえあれば責任をとらなくても問題ないよぉ~」って行動で示しておられるので なかなか若者に責任をとることの怖さ・大切さを伝える事はできませんが・・・)e-443

> いまどきの若者にそんなこと言っても、通用しないのかな。
私にも よくわからないのですが・・・。
我が子の友達を見ていても 私達の頃とそんなに変わっているようには思えない気もするんですよね。
子どもより むしろ親(大人)のほうに問題があるんじゃなかろうか?って思う時もあったりして・・・。e-351
非がこちらにあっても 相手を攻撃する 文句言ったもん勝ち 売れればなんでもあり 自分さえ楽しければ みたいな行動を見て育つと 恥とか誇りとか持てなくなるのも当たり前かなぁって思う時も・・・。e-443 

> 寂しい時代になったものです。
そうですよねぇ・・・。
こんな事言うと 叱られるかもしれませんが・・・。
なんとなく 例えるなら 栄枯盛衰の衰の時に日本は突入しているのではと感じるんです。
それなのに 盛の時を追いかけて 右肩上がりの経済はずっと続くものなんです! 日本は戻せるんです!!ってやっていくこと事態 無理しかしてないから 大きなひずみがでてくるような・・・。e-330
子ども達が親になる頃・孫の世代は そのツケが一気になだれ込んで ものすごく大変な時代になりそうで怖いです。e-444
  1. 2013/08/30(Fri) 12:18:56 |
  2. URL |
  3. アンパンウーマン(MGかーさん) #-
  4. [ 編集 ]

再びすみませぬ。

アンさんの仰るとおりだと思います。
いまの日本、バブルの頃をを追いかけすぎです。

時代に沿った、身の丈を知った政治を行って欲しいものです。
目先でいくら物を言っても、ついてこないものはついてこない。
最大のツケが、いま来ているのではないでしょうか。

その最たるものが、福島かと。
その最たるものが、医療被害かと。
  1. 2013/08/30(Fri) 22:44:17 |
  2. URL |
  3. おやぢパパ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

おやぢパパさん v-238 ありがとうございます。

> 再びすみませぬ。
いえいえ 何度でも 大歓迎です。e-266

> アンさんの仰るとおりだと思います。
うっ 嬉しいです。e-328
私の意見(政治・原発・憲法改正などについて)はいつも主人からは 否定されてるので・・・。
でも おやぢパパさんにそう言って頂けると 自信が持てます。e-271
本当にありがとうございます。e-328

> いまの日本、バブルの頃をを追いかけすぎです。
私もそう思うんです。e-284

> 時代に沿った、身の丈を知った政治を行って欲しいものです。
同感です!e-284
昨晩のニュースで 「99兆円の予算」って聞いて しばらく驚きすぎて開いた口がふさがりませんでした。
今の日本のどこにそんな予算組めるお金が・・・。
町村さんのあの笑顔 大丈夫なわけなかろうにって思うのですが・・・。e-270

> 目先でいくら物を言っても、ついてこないものはついてこない。
そう思います!e-284

> 最大のツケが、いま来ているのではないでしょうか。
常に弱い所へ 一番最初に行ってしまいますよね・・・。e-351

> その最たるものが、福島かと。
> その最たるものが、医療被害かと。
そう思います。
日本国内よりも 海外 民主党は(中)自民党は(米)の意向の方が大切なのか?って感じることが多過ぎるのは私だけでしょうか?
  1. 2013/08/31(Sat) 13:45:03 |
  2. URL |
  3. アンパンウーマン(MGかーさん) #-
  4. [ 編集 ]

アンさん、こんにちは。
図書館にリクエストしていた「学力と階層」苅谷剛彦(かりや たけひこ)が届き読み始めたところです。
読んでいたらなんだか辛くなってきました。
何が辛いって…
ぼーっとしてる間に大事なことが決まってたんです。
三位一体の改革が叫ばれてた頃です。
つまり小泉純一郎首相の自民時代です。

・国を愛すること(教育基本法改正)
・教育財政の仕組みの変更--
義務教育費の国庫負担金が国から自治体により多く移譲(教育振興基本計画)

二番目の教育振興基本法の国庫負担金の移譲は分かりにくく、何度か読み直してもすんなり入って行きませんが、だいたいのところ…

・全額移譲を阻止し、文部科学省は権限を何とか残した。お金を握ることが権限保持に繋がるらしい。
・官邸トップダウンで経済学者が答申をまとめ、文部科学省が追認。
つまり市場原理が学校教育の世界に入り込んでくるに違いない。
自治体によって生徒一人当たりの予算額が変わるに違いない。
(夕張市なんてどうなるんだろう…)

三位一体の改革の言葉は覚えてるんだけれど…実は、2003年には抱き合わせ商法のようにセットでこの2つの法律は改正と法制化が決まり政治決着したんだそうです。


---苅谷剛彦は、徳目(多分…愛国心)は学習指導要領に盛り込まれていて改正せずとも充分自民党の目的は実現出来るが、より高い法律(教育基本法)によって教育振興基本法の根拠が示されるところに権限強化と日本の教育は追い込まれて行った。

初めて読む苅谷さん、なじみが無いので呼び捨てです。
この方は格差拡大を心配されてます。
そして大人になった今、自分の子供時代を思い出すと社会の構成する一員としてよく教育されてきたと思います。
一生懸命とか努力とか好きな言葉だし、無駄とかやってはいけない言葉だと自己規制しがちです。

この本に
「教育には権力性が不可避に備わっている」
とありまして、うんうんうなずいてしまいました。

所得格差、教育の機会の格差は日本を滅ぼす要因になると心配が募ります。
高校無償化に所得制限がつくそうですが、政治家の大好きな米国は高校まで義務教育なのにそこは真似しないのが不思議です。
北欧は大学まで無償なのにね…。うらやましい。
消費税アップの時だけ北欧は…って取り上げるんですよね。

金融商品いじってる人より学校の先生の方が尊敬される世の中であって欲しいです。

----
^ ^ワクチンの署名、賛同します。姉や知人にもお知らせしました。
松山市の はだしのゲン も再び閲覧出来るようになりましたね。
「迫る事が大事」ですね。


  1. 2013/08/31(Sat) 17:44:00 |
  2. URL |
  3. しほ #-
  4. [ 編集 ]

汐見先生の講演会にまだ一歳児だった息子を抱いて行ったことがあります。

我が家には汐見先生の本が何冊かありますが、「夫婦力」を夫に読んでもらったのですが、「わからない・・・」って言われてがっくり。
こんなに分かり易く書いてあるのにぃ・・・・。

この本はまだ拝見していませんが、探してみます。
生徒を指導するヒントが見つかるかなぁ。
  1. 2013/08/31(Sat) 17:51:14 |
  2. URL |
  3. SuzyHill #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

しほさん e-415 ありがとうございます。

> 図書館にリクエストしていた「学力と階層」苅谷剛彦(かりや たけひこ)が届き読み始めたところです。
狩谷さんですか? 初めてお聞きする名前です。e-330
うわぁぁぁ 今 検索をかけましたら 本の解説を書かれた「内田樹」さんにヒットしました。
この方の解説を読ませていただくだけでもすごく興味ある内容・・・。
紹介していただいてありがとうございます。e-266
大至急 図書館へ予約とります!!e-271
まさに 今 この時期に巡り合えた事が とても運命的な気がしています。
今 長男を追い込もうとしている自分に 凄く違和感を持っていまして・・・。e-350

> 読んでいたらなんだか辛くなってきました。
> 何が辛いって…
> ぼーっとしてる間に大事なことが決まってたんです。
> 三位一体の改革が叫ばれてた頃です。
> つまり小泉純一郎首相の自民時代です。
この前 麻生さんが とんでもない発言してるなぁと思いましたが・・・。
今回の憲法改正は 国民がすごく注目している内容だからだけれど・・・。
そうでない ほとんどの大切な事 国民に不利益なことは 消費税の増税とか 郵政民営化などの陰で 密かにほんの少申し訳程度に報道されて あとは政治家や官僚の思うように 都合よく進んでしまうのかもしれません。e-317 

> ・国を愛すること(教育基本法改正)
> ・教育財政の仕組みの変更--
> 義務教育費の国庫負担金が国から自治体により多く移譲(教育振興基本計画)
> 二番目の教育振興基本法の国庫負担金の移譲は分かりにくく、何度か読み直してもすんなり入って行きませんが、だいたいのところ…
> ・全額移譲を阻止し、文部科学省は権限を何とか残した。お金を握ることが権限保持に繋がるらしい。
> ・官邸トップダウンで経済学者が答申をまとめ、文部科学省が追認。
> つまり市場原理が学校教育の世界に入り込んでくるに違いない。
> 自治体によって生徒一人当たりの予算額が変わるに違いない。
> (夕張市なんてどうなるんだろう…)
ぬわぁぁぁぁ 
お金のある都会へでないと 満足な教育が受けられない国に?
生まれた家が裕福か否か? 生まれた場所が裕福か否か?
そこで その先うける事の出来る教育の質が変わってしまうという事に・・・。e-350

> 三位一体の改革の言葉は覚えてるんだけれど…実は、2003年には抱き合わせ商法のようにセットでこの2つの法律は改正と法制化が決まり政治決着したんだそうです。
そうだったんですね・・・。
当時の小泉さんのブレーンに竹中平蔵氏がいて まさに「格差社会」・「自己責任」の産みの親みたいな印象があるのですが・・・。
安倍さんのブレーンにも密かに???e-330

> ---苅谷剛彦は、徳目(多分…愛国心)は学習指導要領に盛り込まれていて改正せずとも充分自民党の目的は実現出来るが、より高い法律(教育基本法)によって教育振興基本法の根拠が示されるところに権限強化と日本の教育は追い込まれて行った。
> 初めて読む苅谷さん、なじみが無いので呼び捨てです。
> この方は格差拡大を心配されてます。
実は私も いつの間にか「格差社会を生き残る」「格差社会の底辺にならない」ような子どもの未来を勝ち取るためには どうすればいいのか? そのことにばかり目を向けてしまっていました。
「格差社会」の問題点って それは決して自分たちさえよければいいものではない 本当の恐ろしさを 今回初めてしっかり認識しました。e-449

> そして大人になった今、自分の子供時代を思い出すと社会の構成する一員としてよく教育されてきたと思います。
> 一生懸命とか努力とか好きな言葉だし、無駄とかやってはいけない言葉だと自己規制しがちです。
私もそうです。
勉強が好きじゃなくて 幼児期から小学生の時はいつも野山で遊びまわり 中学は部活三昧の子ども時代を過ごしたのですが・・・。
それでも いつの間にか「努力」「一生懸命」は 必須項目に・・・。e-350
結婚してから発症までは「休むことは犯罪」位の勢いで暮らしていました。

> この本に
> 「教育には権力性が不可避に備わっている」
> とありまして、うんうんうなずいてしまいました。
そうですよねぇ・・・。
純粋な時代に 毎日毎日 刷り込まれていく言葉がその後の思想に・・・。
伝える側も それが正しいと疑いさえ持ってない。
やがて 新しい世代に当然のように受け継がれていくのでしょうか・・・。e-270 

> 所得格差、教育の機会の格差は日本を滅ぼす要因になると心配が募ります。
この本を読んで・・・。
さらに内田さんの解説を読んで 益々怖くなりました。e-350

> 高校無償化に所得制限がつくそうですが、政治家の大好きな米国は高校まで義務教育なのにそこは真似しないのが不思議です。
> 北欧は大学まで無償なのにね…。うらやましい。
> 消費税アップの時だけ北欧は…って取り上げるんですよね。
本当ですよね!
自分達に都合のいい時だけ 右にならへ・・・。e-442
うちも大学まで 無性化だったら 行きたい大学へ行かせてやれるのに・・・。
まさに 格差社会のあおりを実感しています。e-330

> 金融商品いじってる人より学校の先生の方が尊敬される世の中であって欲しいです。
そうですね・・・。
先生の立場っていつの間に あんなに地位が下落してしまったのでしょう?
一部のモンスターが暴れだしたころからでしょうか?e-330

> ^ ^ワクチンの署名、賛同します。姉や知人にもお知らせしました。
ありがとうございます。
先ほど みかりんさんおブログにお邪魔しましたら なんと・・・。
http://ameblo.jp/3fujiko/entry-11603827396.html
こんなショッキングな記事が・・・。
ショックが大きすぎますが くじけないで拡散していこうと思います!!
ご協力 どうぞ よろしくお願い致します。e-271

> 松山市の はだしのゲン も再び閲覧出来るようになりましたね。
私も 無意識に混同しちゃうのですが 松江市だったと・・・e-328
何を突然って 衝撃でした。
「はだしのゲン」って確かに衝撃的な内容ですけど・・・。
低学年には 刺激がって言われてましたけど 当時の子どもたちは 漫画の世界の話じゃなく 逃げ場のない恐ろしい現実だったのにと思ってしまいます。e-442

> 「迫る事が大事」ですね。
同感です!!e-269
  1. 2013/08/31(Sat) 23:27:26 |
  2. URL |
  3. アンパンウーマン(MGかーさん) #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

SuzyHillさん v-238 ありがとうございます。

> 汐見先生の講演会にまだ一歳児だった息子を抱いて行ったことがあります。
うわぁ そうなんですね。いいなぁe-266
私もチャンスがあれば 是非 お話聞いてみたいです。

> 我が家には汐見先生の本が何冊かありますが、「夫婦力」を夫に読んでもらったのですが、「わからない・・・」って言われてがっくり。
> こんなに分かり易く書いてあるのにぃ・・・・。
私は この本しか読んでないんですが この方の文章ってすごく読みやすいですよね。
「夫婦力」ですか? どんな内容だったのでしょう?興味深々です。
図書館へ予約しなきゃe-328

> この本はまだ拝見していませんが、探してみます。
> 生徒を指導するヒントが見つかるかなぁ。
是非是非 読んでみてください。
SuzyHillさんなら 間違いなく見つかると思いますe-328
  1. 2013/08/31(Sat) 23:44:49 |
  2. URL |
  3. アンパンウーマン(MGかーさん) #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yububu.blog88.fc2.com/tb.php/939-505794f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)